電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

クリアロ「GCT Sub-ohm Tank」(SMOK)レビュー

   

最近はサブオームなクリアロばかりレビューしているわけですが、
・Aspire:Atlantis
・Kanger:SUBTANK
・Innokin:iSub Tank
ときて、今回はSMOKのGCT Sub-ohm Tankです。

iSub Tankに引き続き、今回もVAPE COLLECTIONさんの商品提供でお届けしまーす!

開封

開けまーす。
14337482307606

14337482304865

3,000円を切る価格帯ですが、KangerのSUBTANKを意識したような(というか、ほぼ同じ)箱です。
ここら辺は、製造元が同じなのかもしれないですね。

14337482304814
箱には予備のガラスタンクと交換用コイル、説明書のみで、どうしてこんな大仰な箱に・・・と思わせるサイズ感となっております。

しかし、出してみてビックリ。質感悪くないんですよね。

提供してもらっておいてこんなこと言うのもアレなんですが、所謂安かろう悪かろうみたいな想像をしていたのですが、全くそんなこと無いです。

構造

このクリアロの特徴は、
・初期コイルがNi200で温度管理に使用可能
・オーガニックコットン使用
・低抵抗使用の発熱に対応した冷却機構

あたりになるかと思います。

これまでもサブオーム対応のクリアロはレビューしてきましたし、SUBTANKをTSC(温度管理コイル)で使用したりもしていましたが、端っから温度管理を前提としたクリアロは初めてです。

最近はVaporShark rDNAの値下げや廉価な温度管理MODもたくさん出てきたので、ある意味時代に乗ったアトマイザーですね。

パーツ

パーツは、
・ドリップチップ
・トップパーツ
・ガラスタンク
・コイル
・ベースパーツ
となっており、Atlantisとほぼ同様です。
14349402350946
随所にAtlantisを意識したような構造が見え隠れしてます。

トップパーツ

トップパーツは、私のような中二心をくすぐるデザインで、金色のネジ風パーツが露出しています。ちなみに、分解はできません。

コイル

コイルは、4つのジュースホール、BVC(垂直コイル)、メッシュで蓋のされた感じといい、Atlantisと瓜二つです。
14337482303852

14337482300851

SMOKはAtlan-V1という互換コイル出していたりするので、ここら辺はそれと同じ構造を取っているようです。

ちなみに、トップパーツとの接合はコイル上部をねじ込む形です。ここら辺もAtlantisと同じですね。
中央にネジが見えます。
14349402344891

書けば書くほどアレなんですが、このタンクはAtlantisとほぼ同じ構造です。Atlantis持っている人はイメージ湧きやすいかと思います。

ベースパーツ

ベースパーツはやや縦に長い作りをしており、これも熱を逃すための一助を担っていそうです。

14337482299929

14337482290103

コイルをはめ込んだ部分は外周が絞ってあり、リキッドがほぼ使い切れます。ここも好印象です。
(ここら辺の考察はAtlantisのレビューをご参照下さい)

エアフロー調整機構

エアフローは、4段階で調整可能です。
14337482299628

14337482295496

14337482295305

14337482295144

全閉もできますので、万が一の漏れが気になる方にも安心です。
14337482300640

吸ってみた

VaporShark DNA40で吸ってみました。
14349402343820
オーガニックコットンのおかげでしょうが、吸い始めからケミカルな味は一切しません。
煙量も十分です。

Atlantisなどに比べてミストの導線(コイル~ドリップチップ)までがやや細身となっているので、爆煙というよりは適量のミストを楽しむスタイルになると思います。

温度管理も問題無く機能しているように見えます。空炊き検証まではしていませんが設定温度・W数に応じてきちんと制御されています。

まとめ

構造上がAtlantisとかなり似ているので改めて言及することが少ないのですが、味の面ではGCTが大きくリードしています。

また、本体価格が安いこともありますが、加えて交換コイルがKangerのTSCと比較してかなり割安(3~4割ほど安い)なので、ランニングコストが抑えられるのも大きなメリットです。

コイル交換の手軽さからTSC使っている上級者の方も多数いらっしゃいますが、ガンク(リキッドの焦げ)で味が落ちたら400~500円するコイルをポイポイ交換していると、お財布的には優しくない状況に陥ってしまいます。

Ni200で自力ビルドも手ですが、どうしても柔らかいNi200ワイヤーでの手巻きはカンタルビルドと比べて難易度が上がったり、ドライバーンの際のコットン抜き差しも面倒だったりするので、いっそこういう格安のアトマ・コイルでクリアロ運用するのも一つの選択肢だと思います。

総じて減点ポイントがとても少ないクリアロです。VCT用のDIYオプションを別途購入すればリビルドも可能ですので、温度管理MODのお供にいかがでしょうか?

購入はこちら↓

SMOK GCT Ni-200 サブオーム アトマイザー(VAPE COLLECTION)

14349402345612

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - クリアロマイザー