電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

クリアロ「Simba Subohm Ceramic Tank」(UD)レビュー

   

セラミックコイルのアトマイザーも複数レビューしてきましたが、今回紹介するUDのSimba Subohm Ceramic Tankも、このセラミックコイルを同梱したクリアロマイザーです。

クリアロではありますが、Bellusと同様のデッキを使ったシングル/デュアルコイル対応のRBAベースもキットにしており、汎用性の高いアトマイザーです。

商品は、HEAVEN GIFTSの提供です。提供ありがとうございます!

早速、商品を見ていきたいと思います。

開封・概観

箱です。かなり大きめです。
DSCF3868_R

開けまーす。
DSCF3869_R

DSCF3870_R

内容物は、
・Simba Tank
・コイル(SS316L、0.5Ω、装着済)
・Kanthal A1 Ceramic cotton coil(0.5Ω)
・RBAヘッド
・交換用ガラスチューブ
・スペアパーツ類

こんな感じです。

タンクは4.5mlの充分な容量。見た目もスタンダードなクリアロです。
DSCF3871_R

バラします。

DSCF3872_R

トップリフィルやジュースコントロールの付いたアトマイザーは完全分解できないものもたまにありますが、これはほぼ分解できるので清掃も楽チンです。

細部を見ていきます。

ドリップチップ

まずドリップチップですが、かなり特徴的な作りをしています。

半円形の蓋が扇形についており、全閉⇒全開をコントロールできます。
DSCF3883_R

DSCF3885_R

ただ、全開した状態でも半分は塞がっている状態になりますので、よりドローを求める方は別のドリップチップに換装するといいと思います。

トップリフィル

つづいて、トップリフィル機構。
DSCF3882_R

トップキャップを開けて、チャージホールを露出させてリキッドを充填するタイプです。

リキッドチャージ時は、ジュースコントロールを全閉するようにしましょう。
(タンク内圧が上がって、リキッドが漏れ出すのを防ぐため)

ジュースコントロール

Simbaはジュースコントロールがあるので、温度差や気圧差がある環境でも、リキッドの漏れを防ぐことができます。

これが全開。
DSCF3879_R

こちら全閉。
DSCF3880_R

ジュースコントロールがあるアトマイザーを一度使うと、その安心感はよくわかります。

ポケットで長時間横倒しにしていようが、寝る前にリキッドを満タンにして立てて放置しようが、漏れる心配は皆無です。

ほんとに、今後のタンクアトマイザーの標準になればいいのにと思うぐらいの便利さです。

エアホール

エアホールは無段階に調整可能です。

全開にすると、コイルの底部が見えるぐらいの大きさはあります。
DSCF3888_R

全閉も可能です。
DSCF3887_R

しかし、最近流行の爆煙クリアロのようなスカスカではありません。
Simbaは比較的味も重視したアトマイザーだと思います。

肺直でも苦にならない程度のドローは確保されていますので、よっぽどスカスカ爆煙を求める人でない限りは、充分納得できる調整幅だと思います。

コイル

Simba Tankは、計3つのコイル・コイルベースが付属しています。

SS316コイル

まずは、プリインストールされているSS316のコイルユニットです。
DSCF3873_R

デュアルコイルの並列で、ミストも味も期待できそうなユニットです。

ジュースホールは幅広で、かなり大きいです。
DSCF3878_R

これだけ大きいと漏れが気になるところですが、前述の通りSimbaはジュースコントロールが搭載されているので、使わない時や供給が過剰になる時はジュースコントロールを絞ってやればOKです。

SS316Lを使用しているので、SSワイヤーに対応しているMODであれば、温度管理も可能です。

カンタル・セラミックコイル

続いて、これがこのアトマイザーの本丸です。

セラミックコイル。
DSCF3875_R

セラミックコイルもいくつかパターンがあって、ウィックをセラミックにしたもの(コットンの代わりにセラミック)、ヒートユニットとしてセラミックを使っているもの(カンタルの代わりにセラミック)がありますが、Simbaに同梱されているのはコットンの代替としてセラミックを使用しているタイプです。

Vaporesso Tankのセラミックコイルと同じ発想ですね。

味がクリアになるセラミックの弱点として、素材として脆いというところがあります。

欠けたセラミックが口腔内に飛び込んできた、みたいなケースもあるようです。

Simba Tankは、見ると一目瞭然ですが、コイル上部を全面的に覆うような作りをしています。
DSCF3874_R

これなら高い出力をかけた時にもセラミックが飛び出るリスクが軽減されます。
材質の特性を考慮したコイル設計。これは偏に良質のアトマイザーを生み出し続けているUDの強みが活かされていると思います。

RBAベース

最後に、RBAベースです。
DSCF3876_R

パッと見は、同じくUDがリリースしたBellusを彷彿とさせるベースです。

ただ、根源的に違うのは、このRBAベース、ボトムエアフローなんですよ。

コイルに対して、ボトムから空気を当てて効率的にミストを送り出します。
DSCF3877_R

VAPEをやっていて味を決める大きな要素は空気の導線というのは半ば常識ですが、そういった意味でこのRBAベースはそこらのデュアルコイルRBAベースとは一線を画する作りをしていると思います。

シングルコイル時の無駄なスペースを埋めるためのスペーサーも健在です。

RTAとして見た時にも、トップリフィルとジュースコントロールを両方実現しているアトマはそう多くありません。

そういった意味で、Simbaは優秀なクリアロであり、優秀なRTAであるという、タンクアトマイザーの最高峰の作りをしていると言えます。

汎用性でいくと、トップレベルであることは間違いないです。

ポジティブ

クリアロなので標準的ですが、ポジティブピンは調整不可です。
DSCF3886_R

吸ってみた

吸ってみます。

リキッドはNNMNのhaNumango、MODはTesla Nano TC60Wです。
DSCF3892_R
Tesla Nanoは小さくてとてもお気に入りなのですが、相変わらずTeslaecigからのコメントが無い状況のため、レビューは公開停止のままです。がんばって欲しい・・・。

リキッドはトップリフィルです。チューッと注いでやります。
DSCF3889_R

DSCF3890_R

コイルは、セラミックコイルを使ってレビューしてみました。

うん。吸った瞬間に理解できると思います。
今まで使っていたコイルはどれだけ雑味が多かったのが、ということが。
セラミックコイルが生み出す澄み切ったミスト。濃い味。これを超えるビルドをするのはかなりハードルが高いと思います。というか、コットンでは無理。
それぐらい美味い。

NNMNの、バナナ・マンゴーの味をこれだけ表現できるアトマイザーはそう多くありません。
ある意味、GAME CHANGERだと言えます。セラミックの前では、Genesisすら霞むレベルだと思います。

NNMNがガンクの付きやすいリキッドなので長時間の使用は流石に厳しいところがありますが、それ以外の面では非常に高い評価をしております。
(ちなみに、セラミックコイルをドライバーンしてみましたが、ガンクが付く前の味には戻りませんでした。残念。)

味の出方という面ではやや大味で、タイトドローなアトマイザーと比べると飛んでいる部分もあると思いますが,それを補って余りあるクリアな味を体感できると思います。

HEAVEN GIFTSではまだプリオーダーの状況ですが、このクリアな味を体験できて、さらにはジュースコントロール付きのRTAとしても使えるアトマイザーですので、ひとつ持っていても損はしないと思えるアトマイザーです。

単体コイルの値段などがわかりませんが、それによってはセラミックコイルで常用したいなと思いました。
 
 
プリオーダーはこちら。
UD Simba Subohm Ceramic Tank - 4.5ml(HEAVEN GIFTS)

 
 
DSCF3871_R

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - クリアロマイザー