電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

クリアロマイザー「TFV4 Single Kit」(SMOK)レビュー

      2017/03/20

えー、いろいろとありましてしばらくブログ更新どころかTwitterにすらログインできない状況になっておりました。

ご心配おかけしました。TwitterのDMやLINEでも連絡もらったり、友情の温かさを感じた秋でございます。

と、そんな異様な挨拶を挟みつつ、今回レビューするのは、SMOKの「TFV4 Single Kit」です。
2015_1015_21352800_R

VAPE COLLECTIONさんから商品提供頂きましたー!ありがとうございます。

ちなみに、このサイトの初期から提携頂いているVAPE COLLECTIONさんですが、最近商品ラインナップも充実しています。

MODやアトマイザーも他店に無い尖った商品を多数入荷していますし、国産リキッド交換コイルについては品ぞろえはもちろんのこと、クリックポスト対応商品なら送料無料になっています。交換コイルのパック売りは国内最安レベルです。
消耗品が気軽に買えるのはありがたいですね。

と、勝手にPRさせて頂きつつ肝心の商品レビューに移っていきたいと思います。

TFV4アトマイザーって?

「TFV4」は、「Taste Furious V4 Tank」の略称のようです。
直訳すると、「怒り狂った味のタンク バージョン4」でしょうか。
でも、V1~V3が見つけられなかったので、コイル形状の「Vertical」かもしれません。謎です。

私の思うこのタンク最大の特徴は、コイルのラインナップです。

SMOKのウェブサイトで確認する限り、以下のものがありました。

コイル名特徴(概要)
TF-T3トリプルコイルヘッド、0.2Ω
TF-Q4クアッドコイルヘッド、0.15Ω
TF-S6シックスコイルヘッド、0.4Ω
TF-N2 AirNi200、デュアルコイルヘッド、追加エアホール、0.12Ω
TF-TiTi、デュアルコイルヘッド、0.33Ω
TF-STC2ステンレススチールデュアルコイルヘッド、0.25Ω
TF-T2高抵抗コイル、1.5Ω
TF-T2 Air高抵抗コイル、追加エアホール、1.5Ω
TF-CLP2クラプトンデュアルコイル、0.35Ω
TF-R1リビルダブルシングルコイルヘッド、0.85Ωセットアップ済
TF-R2リビルダブルデュアルコイルヘッド、0.25Ωセットアップ済
TF-RCAリビルダブルクラプトンコイルヘッド、シングルコイル仕様

そして、これだけの種類のコイルに対応できるよう、コイルベースには4方向無段階調整可能のエアフローと、さらにはドリップチップ側でもエアの取り込みが可能な機構を備えています。

残念ながら国内で入手できるものは限られますが、ビルドで考えられる一通りの選択肢をプリメイドの世界に持ち込み、それに耐えうる汎用性を持たせた、SMOKの新しい試みが垣間見えるアトマイザーです。

外観

箱開けてみます。
2015_1015_21361600_R

2015_1015_21381900_R

同梱物は、
・アトマイザー本体(コイルセット済)
・SMOKロゴ入りシリコンVAPEリング
・トップリフィルシリコン予備パーツ
・取扱説明書
のみで、必要最小限です。

TFV4自体はトリプル~クアッドのプリメイドコイルとRBAコイルに対応していますが、今回レビューするSingleキットはTF-T3(トリプルコイル)のみが付属するモデルです。

サイズは24.5mmで、一般的なアトマイザーサイズ(22mm)より一回り大きいです。
みんな大好きSUBTANK Miniと並べるとこんな感じです。
2015_1015_21560800_R

バラしてみます。
2015_1015_21450200_R

パーツ構成は上から(画像右から)、
・ドリップチップ
・トップキャップ
・ガラスタンク
・コイル
・ベースパーツ
となっています。普通な感じですが、洗浄考えると全バラしできるのありがたいです。

ドリップチップ

TFV4には、特徴的な二重構造のドリップチップが付属しています。
2015_1015_21392900_R

2015_1015_21394300_R

TFV4は前述の通りシックスコイルまで対応で、高出力運用をすれば必然的に熱を帯びやすいです。

二重構造とすることで、口と接触する部分は熱を帯びにくく、快適なVapingが楽しめます。
ワイドボア的な大きさではありますが、ミストの通り道は広くありませんので舌に触れるミストは濃いまま。ワイドボアにありがちな大味にはなりません。

外側下部にはエアフローコントロールが付いています。
2015_1015_21404900_R

2015_1015_21401000_R

コイル通過後かつミストの通り道とは全く関係ない部分からの吸気となるため、ミスト量の増加は見込めませんが、
「よりスカスカで吸いたい」あるいは「ミストが濃すぎるから薄めたい」というようなニーズに応えられると思います。

エアフローの調整部はキツくもなく緩くもなく、小さいパーツですがアトマにはめたままでも十分調整可能です。良い作りをしていると思います。

トップキャップ

トップキャップは、このアトマイザーの特徴でもあるトップリフィル機構が備わっています。
回転させることで、リキッドチャージホールが覗きます。
2015_1015_21513000_R

2015_1015_21523000_R

リキッドを注ぐホールはシリコン?の柔軟性がある素材なので、ユニコーンボトルはもちろん、先をちょっと押し込めばスポイトでも運用可能です。

ガラスタンク

タンク部分は、メンソールでも安心のガラス製です。
2015_1015_21440300_R

ちょっと気になったのは、タンクの端っこ部分。
画像で伝わるか怪しいですが、若干ギザギザしている部分(画像右上あたり)があります。

ハイエンドとは違って価格も高い物ではないのでそこまで求めるのは酷という気もしますが、もうちょっと滑らかだったら良かったなぁと思います。

取り外しの際に怪我をしないように気をつけましょう。

コイル

TFV4のコイルラインナップのうち、トリプルコイルのTF-T3「CLOUD CHASING SERIES」に位置付けられており、爆煙仕様のコイルです。
2015_1015_21452500_R

このコイルの頭の悪さ激しさは、上から見れば一発です。
2015_1015_21454400_R

「コイル3つでトリプルねー!」っていうSMOKのシンプルな足し算が伝わると思います。
今のトレンドのVertical Coil(垂直コイル)が3つも顔をのぞかせています。

手元にあった、Nautilusのコイルと並べてみました。
2015_1015_21490100_R

2015_1015_21492100_R

すっごく・・・大きいです・・・。

ジュースホールも、コイルに合わせて3つ空いてます。
2015_1015_21461200_R
小さく見えますが、供給は十分です。

抵抗値は実測で0.21Ωとかなりの低抵抗なので、この抵抗値まで対応できるMODを使用する必要があります。

また、コイル3つはダテじゃないので、それに耐え得る高出力なMODじゃないと十分楽しめないかもしれません。バッテリーも、パラレルとかじゃないともたないかもです。

ベースパーツ

ベースパーツは、無段階調節可能なエアフローが、なんとビックリ4つも空いています。
2015_1015_21533000_R

2015_1015_21530500_R

スッカスカからキッツキツまで対応可能です。
全閉したらほとんど吸えなかったので、クリアランスも上々です。GCTの時も思いましたが、SMOKのステンレスパーツの作りの良さは毎回唸らされます。

吸ってみた

吸ってみました。

使用MODはPioneer4youのIPV D2、リキッドは、変人が好むと話題のVIRUS(NICOTICKET)です。
2015_1015_21585600_R

ユニコーンボトルでチュチュッとね。
2015_1015_21565600_R

コイルがでかすぎて、どれぐらいでウィックに浸透か不安だったので30分ぐらい放置してから吸いました。

IPV D2の上限である75Wで焚いてみます。
もうね、ギャグなの?ってぐらいミスト出ます。これ道でやったら大道芸かと思われるんじゃないかっていう。

恐らく、私がこれまで使ったアトマイザーの中では一番ミスト出ます。ダントツのNo.1です。

私の場合は、ミストが多すぎて2秒以上ファイアボタンが押せません。それ以上吸おうとすると、呼吸器が悲鳴を上げます。盛大にむせました。

味はというと、さすがのオーガニックコットン。一部のコイルで見られるようなケミカルさは全く感じず、リキッドの味が素直に出ています。

なんといってもミスト量が尋常でないので、量で押すという感じで味を感じます。ミストもめっさ濃いので、味の感じ方はかなりダイレクトかつアグレッシブです。
味が飛ぶ、というわけではありませんが、かなり荒々しいです。

あまりに強すぎるので、私はドリップチップ側のエアフローを全開にして丁度いいぐらいです。

あとは、リキッドの消費量もハンパないのでガンガン減りますが、タンク容量が5mlと大きいことと、リキッドチャージが上からで手軽なので運用はすごく楽です。

ただ、供給が良すぎるのか、一晩立てて放置したらエアホールからダダ漏れしていました。
しばらく使ってウィックがこなれてくると、なぜか漏れなくなりましたが、持ち歩く時は逆さにしてウィックに浸みないようにしておいた方がいいかもしれません。

まとめ

というわけで、トップリフィルの爆煙モンスターなTFV4でしたが、ザクッとまとめるとこんな感じです。

◎TFV4のここが良い
・簡単に超爆煙が楽しめる
・プリメイドで、コイルが巻けなくても低抵抗コイルを使用できる
 (※MOD側には相応の負荷がかかるので、テクニカルMOD推奨です)
・バラし不要のトップリフィル機構はめっちゃ楽
・供給も十分でイガらない

△TFV4のここがイマイチ
・サイズが大きいため、MODを選ぶ(22mmサイズではみ出ます)
・ガラスパーツの縁の処理が粗い
・供給が良すぎてエアフローからリキッド漏れる場合がある
・人によっては煙量が多すぎるかも
・抵抗値が低く高出力運用が前提となるため、MODのバッテリー持ちが悪い
・プリメイドの交換コイルが高い(箱買いして1個560円)

個性が強すぎてマイナスポイントも列記する形にはなってしまいましたが、RBAではないクリアロマイザーで爆煙指向であれば十分買って損は無いと思います。

特に、トップリフィルの機構は一度慣れるとこれまでのタンクからベースを外したりRussianのようにネジ外す作業がめっちゃ面倒に感じるほどです。

まさにモンスターとも呼べるアトマイザー、ちょっと非日常なミストを浴びたい時のために、お1ついかがでしょうか。

SMOK TFV4 Single Kit トリプルコイル仕様(VAPE COLLECTION)

2015_1015_21551200 (1)_R

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。
 
GEARBEST
中国の大手ガジェット販売サイト、GEARBESTでは現在3周年の記念セールを実施中です。
通常でも格安ですが、商品によってはかなり大きな割引になっているようなので、気になる製品がある人はこのタイミングでチェックしてみてください。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Giftsで購入の際、クーポン入力欄にAVB15を入力いただくと15%OFFになります。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - クリアロマイザー