電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

RDTA「Azeroth RDTA」(CoilART)レビュー

      2016/11/28

一度人気が出ると色々と似たような製品がいろんなメーカーから出てくるVAPE業界ですが、こちらも人気のRDTAタイプのアトマイザー、「Azeroth RDTA」です。
dscf6651

商品の提供は、中国の電子タバコ販売サイト、Urvapinさんです。ありがとうございます!

実はこの製品、本家さんやいろんなショップさん経由含めてちょこちょことご依頼があった製品ではあるのですが、色々と他の製品レビューなどが押し寄せていてお受けしていませんでした。

が、いろんなブログさんでもレビューが出ていて概ね好評、UrvapinさんからFacebook経由でご依頼いただいて、そんなに評判なら自分でもちょっと試してみたい!という気持ちになりまして、お引き受けすることにした次第です。

ではでは早速見ていきたいと思います。

開封・外観

箱です。
dscf6647

開けまーす。
dscf6648

dscf6650

付属品は、
・Azeroth RDTA
・予備ガラスチューブ
・ドライバー
・ドリップチップ
・510ドリップチップアダプター
・予備ブリッジポスト
・予備ネジ、予備Oリング

こんな感じです。

こちらがAzeroth RDTAです。
dscf6651

高さも太さもしっかりあって、なかなかの存在感です。

まずはスペックから見ていきます。

スペック

・直径:24mm
・高さ:54mm
・リキッド容量:4.0ml
・素材
 本体:SUS301ステンレススチール
 ブリッジポスト、クランプ、510コンタクト:金メッキ仕上げ
 インシュレーター:PEEK
 ガラスチューブ:フードグレードパイレックスガラス
・調整可能なエアフロー
・内径12mmの“クラウドドリップチップ”
・内径8mmの“フレーバードリップチップ”

仕様はこんな感じです。特徴的なのはやっぱり流行りとも言える24mm径でしょうか。

主流の22mmに対してたった2mmの違いではありますが、ビルドで考えると太目のワイヤーでも1~2巻分は余裕が出るわけで、ビルドの自由度が大きく上がります。

特に、RDTAではドリッパーの吸い心地や味とタンクからリキッドが供給される安心感や楽チンさが魅力だったりするので、ドリップに依存しない贅沢な供給を活かせる大きなコイルで組みたい!というのがまさにニーズなんだと思います。
(Avocadoもわざわざ後から24mmをリリースしたぐらいですし。)

細かいところを見ていきます。

まずは全体の外観ですが、RDTAとしては背の高い見た目でデッキ部・タンク部それぞれそれなりに大きさがあります。ほんとに、普通のRDAの下にタンクを付けました!みたいな見た目です。
dscf6651

ただし、実態はこの上部のRDA部分の下半分はタンク領域なので、見た目の割りに中は絞られた構造になっています。背の低いドリッパーのような味になるんじゃないかな、という期待と、熱はどうかなという不安を両方感じますね。

バラします。
dscf6652

デッキパーツは、Theorem RTAのようなベースとデッキが一体化した構造になっています。

この構造の場合、タンクとデッキの隙間からの漏れが気になるわけですが、Azerothの場合はスレッドでガラスチューブを固定するパーツが存在するため、Theoremのように漏れ耐性が極端に低いということは無さそうです。
dscf6653

dscf6654

サイドに見えるこの穴は、一見RTAのエアフローのように見えますが、これはそのままタンクに繋がっていて、要はリキッドチャージ用の穴のようです。
dscf6655

デッキを見てみます。

デッキは、大きなワイヤーでも穴を気にせずに済むクランプタイプのデッキです。
dscf6657

最近だと、GOON RDAあたりで流行ったポスト構造ですね。
太くて平べったいワイヤーを固定する時に、ワイヤーをコイルと水平方向で固定するので、ワイヤーがねじれたりせず綺麗に固定できます。
dscf6658

この構造であれば多少太めの、それこそアートコイルのようなゴツいコイルであっても設置できそうなので、コイル自慢の猛者にも楽しめるアトマイザーと言えますね。

ドリップチップはワイドボアでいかにも煙量重視という感じのドリップチップが付いています。
dscf6660

この手のやつはトップキャップ一体型になっているものも多いですが、Azerothはドリップチップが変更可能です。

同じ外径で微妙に内径と長さの違うドリチも付属しています。
dscf6665

ほんの少しですが、咥える部分に余裕が出ました。
dscf6664

他にも510アダプターも付属していますし、このあたりの自由度は比較的高いアトマイザーだなぁという印象です。

エアフローはドリチ下のトップキャップをひねることで無段階に調整可能です。
dscf6661

全閉もできます。
dscf6662

全閉だと、吸えないこともないですがかなりしっかり密閉はされています。

このアトマを触っていて思いましたが、スリーブなどの精度がかなり心地良いです。
ガチガチということもユルユルということもなく、「シュポン」と外れてくれます。

地味なところですが、普段使う物だからこそこのあたりのストレスが少なく済むのは嬉しいです。

最後にお尻のポジピンを見ておきます。
dscf6659

マイナスドライバーで回せますが、デッキの固定もここみたいなので緩ませたりはしない方が良さそうです。

ビルドしてみた

さて、ビルドしてみます。

先ほど書いたように、せっかく「オラ!広々しててポストもクランプなんだからデカいコイル置けよ!」みたいな思いを感じるデッキですので、手持ちで精一杯ゴツい28Gパラレル芯・32Gラップのクラプトンワイヤーを使って組んでみたいと思います。

dscf6666

内径も大きく、3.0mmにしてみました。普段2.5mm径で組むことが多いので、個人的には超大きいコイルなのですが最近はアートなコイルを巻く方もInstagramやTwitterでよく見るので破壊力不足ですね。すみません。精進します。

ビルド自体の難度は、1本1本のワイヤーを独立して固定できるベロシティスタイルのデッキよりはやや難度が上がりますが、フラットなワイヤーがねじれずにスッと固定できるのはなかなか良いですね。

余った足を切る時に隣接するワイヤーも切っちゃいそうになったので、先の細いニッパーがあった方が捗りそうです。

さて、ウィックを入れます。
dscf6668

失敗したこと
ここで一つ私の失敗を晒しておきたいのですが、私はこの手のコイルをビルドする時にコイルをよく冷やせるようにエアフローに近づけて設置します。

今回も何も考えずにそのノリで設置したのですが、ギリギリすぎてデッキ・タンクを固定する中段のパーツを外せなくなってしまいました。

中段パーツも外した状態でセンターに寄せてビルド
⇒ウィック通す
⇒中段のパーツ固定
というやり方の方がウィッキングは楽だと思います。

YAIRAさんのレビューではその感じでウィッキングしているので、ご参考まで。

さてさて、セラミックピンセットの先で押し込んで、何とか小さい穴からウィックを通しました。
dscf6670

ここでリキッドチャージの穴からリキッドを注ぎ、
dscf6671

コイル側のウィックにもリキッドを垂らし、
dscf6674

チューブのエアフロー位置をコイルに合わせて設置して、
dscf6675

トップキャップを被せれば完成でーす!
dscf6677

ではでは、吸ってみます。

吸ってみた

MODはMAX150WのパワフルMOD Banshee、リキッドは、BUBUのROCKETEER BULLです。ミスト量多めのセッティングなので翼を授ける系の味でガツンといってみます。

味の出方はまさにドリッパーという雰囲気ですが、RDTAの魅力といいますかウィックとリキッド保持のバランスが良いのでミストの質感はとても良いです。

熱が結構来るのではとドキドキしていましたが、樹脂製トップキャップの恩恵か特に吸えなくなるようなこともなく、落ち着いてVapingできました。

ドローは、エアフロー全開だとスッカスカです。スッカスカ。ほぼ抵抗無しぐらい。
私は半分閉じてもスッカスカ⇒スカスカぐらいの体感ですがたまに爆煙ブッハーとやりたい時に良いアトマイザーだなと感じました。

まとめ:クランプタイプのデッキでRDTAが使いたい人にオススメ

24mm径ですのでiStick Picoなどの幅に制限があるMODでは使えませんが、対応可能かつパワフルなMODを持っていてRDTAを欲しい人の選択肢になるRDTAだと思います。

RDTAも数が増えてきて選び方に悩む方も多いかと思いますが、

・煙量重視
・漏れリスクを少なくしたい
・リキッド容量多い方がいい
・クランプタイプのデッキに大きなコイルを設置したい

という方には、Azerothはフィットするのではないでしょうか。

漏れは、近い構造のTheorem RTAと比べると漏れにくい構造ではありますが、リキッド容量が多くエアフロー(リキッド出口)も大きいので全く漏れないというわけではありません。運用上ひっくり返して持ち運ぶような使い方には耐えられないと思いますが、そうでなければオススメできるアトマイザーだと思います。

購入はこちら!

Coil Art Azeroth RDTA 4.0ml(Urvapin)

※クーポンコード「azeroth10」で10%OFFで購入できます。

dscf6651

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 

提携クーポン

海外格安リキッドメーカーHiLIQのクーポンです。
期間の制限無く、全商品が10% OFFになります。
HiLIQ
 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - RTA