電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

RTA「Theorem RTA」(WISMEC)レビュー

   

Nectar Micro SteelAvocado RDTAなど、デッキ下部にリキッドタンクを持ってウィックの毛細管現象でリキッドを吸い上げる形式のRTA(RDTA)はドリッパーライクな味わいでありながらリキッドの保持量が多く、VAPEユーザーでも人気のカテゴリです。

最近ではAshura RDTAなんかも人気ですね。

結構前から人気のWISMECのTheorem RTAもこのカテゴリの製品です。
dscf6351_r

提供は、中国の総合ガジェット販売サイト、GEARBESTさんです。いつもありがとうございます!

もう他のレビューサイトなどで散々レビューされている製品ではありますが、期を逃してレビューしていない状況でした。

人気の秘密がどこにあるか、見ていきたいと思います。

開封・外観

箱です。
dscf6337_r

開けまーす。
dscf6339_r

dscf6341_r

付属品は、
・Theorem RTA
・エアフローコントロールリング
・ステンレスガラスチューブ
・NotchCoil(デッキ装着済み1、予備1)
・予備Oリング、ネジ
・六角レンチ
・取扱説明書

こんな感じです。

こちらがTheorem RTAです。
dscf6351_r

下から上までガラスチューブでスケスケの外観。ウィックも装着済みの状態で、このままリキッドを入れれば使える状態でセットアップされています。

バラします。
dscf6342_r

上から見ていきます。

まずドリップチップ。
dscf6349_r

dscf6348_r

ガラス製で口当たりのいいドリップチップです。

ガラス製はパッと見た目は良いのですが中の結露なんかも見えてしまうので一長一短あるところです。撮影以外でドリチをマジマジ人に見られることも無いので私はこのまま使っています。

接続は510で、他のドリップチップへの換装もできます。
dscf6347_r

トップパーツがちょっと変わっています。

ネジ止めされたRegulatin Componentがデッキの片側を埋めている形です。
dscf6343_r

これ、Avocadoのバッフルの要領でコイルに大して空気を運ぶ役割を負っています。
これによって、コイル間近からサイドエアフローのようにエアを当てることが可能になっています。

また、付属しているデュアルエアフローのリングに換装すれば、コイル上部・コイル側面の両方からエアを当てることができます。

ですので、Theoremのエアフローのパターンは
・コイル上部のみ
・コイル側面のみ(Regulatin Component経由)
・コイル上部・側面両方(付属のリングに換装)
という3パターンあるというわけです。

でも、このこだわりのRegulation Component、エアフローの出口の真正面にデッキのポジティブポストがあるわけなんですが。そこのところどうなんでしょう。

ほぼシングルコイル前提になるので、2ポストにすればここをフリーにしてコイルに直接エアを当てられたんじゃないかと思ったりします。

私はあまりスカスカドローではなくちょっと抵抗がある方が好きな人なので、レビューはシングルエアフローで進めていきます。

エアフローの調整は、リングを好きな位置で止めて、その状態でさらにリングを重ねて固定するスタイルです。
dscf6344_r

ここはIndestructible RDAと同じですね。

続いてデッキパーツを見ていきます。

dscf6345_r

このRTAの大きな特徴の一つ、Notch Coil(ノッチコイル)が付いています。

ノッチコイルは切れ目の入ったステンレススチール製のコイルユニットで、通常のワイヤーで形成されたコイルに比べて丈夫で、ドライヒットしにくいとされています。

また、4.8mmのコイル径でたっぷりとウィックを詰められるところもこのコイルの魅力です。

ボトム側はマイナスのネジが切ってありますが、ポジティブポストの固定に使われているので調整は不可です。
dscf6346_r

ちょっと気になるポイント

ここまで見てきてその人気も十分にうなずけるTheremですが、気になるポイントが2つあります。

・タンクに負荷がかかりやすい構造
Avocadoなどの製品は、デッキパーツとベースパーツを分離し、その間にガラスタンクを挟みこむ構造になっていたため、タンクはしっかりと固定されて普段の運用では負荷がかかりにくい構造になっていました。

一方でTheoremは、デッキパーツとベースパーツは一体で、ベースパーツからスラッとガラスタンクが伸びているだけなので、ちょっとした負荷にも弱い印象を受けます。

倒したり落としたりはもちろん、トップパーツは普段のリキチャでも付け外ししますし、運用上気を遣わないといけないのがやや気になるところです。

実際、SNS界隈ではTheoremのガラスタンク破損の報告が多数挙がっていたりもしました。気になる人はGEARBESTではリプレースメントのガラスチューブが1ドルしないぐらいで売っているので、併せて購入しておいた方がいいかもしれません。

Replacement Glass Tank for Wismec Theorem Atomizer(GEARBEST)

初回にバラした時に、ベース側のOリングにリキッドを塗布して滑りを良くし、分解時に外れにくくなるのを防ぐのも手だと思います。

あとは、シリコン製のVAPE BAND付けて倒れた時の衝撃を緩和するのもいいかもしれません。

キットにはSSで覆われたチューブも付属しているので、割れて即座に使えなくなるというものでもありませんが、怪我したりとかも心配なので十分に注意して運用しましょう。

こちらがSSガラスチューブに換装した状態。これはこれで結構好きです。
dscf6350_r

漏れ耐性低め

トップパーツに付いたパーツで普段ジュースホールは塞がっていますが、デッキ部とガラスチューブの間には隙間があるので、リキッドは常にデッキ上下を行き来できる状態です。

横倒しにした時に、エアフローまでリキッドが到達すれば必然的に漏れます

エアフローを閉じれば漏れにくくはなるでしょうが、エアフローの調整がいちいちリングを外して目視で開き具合を確認しなければいけないものなので、吸うたびにつけ外しするのはちょっと面倒かなと思います。

個人的に運用まで考えた実効的な対処方法は、ウィックを多めにしてウィックに保持させる(タンク内で動けるリキッドの量をできるだけ少なくする)ことぐらいかなと思っています。

気になったことを書いてみつつ、実際に使ってみたいと思います。

使ってみた

リキッドは、Screwbaccoを入れてみました。
dscf6353_r

Screwbaccoは柔らかなイチゴのフレーバーが特徴ですが、飛びやすいのでこのイチゴの風味がどれぐらい出るか気になります。

吸ってみます。

20Wぐらいから試してみましたが、これだと立ち上がりが遅すぎてストレスがあります。

30W超えたあたりでストレスなく立ち上がり、十分なミストが供給され始めました。

ミストの出方はクラプトンそっくりです。私はクラプトンのそれよりも柔らかに感じるぐらい。
コイルからドリップチップまでの位置が近いので熱が気になるかと思いましたが、そこも気になりません。クラプトンよりも素材量が少ないので、立ち下がり(という表現があるのか分かりませんが、コイルが冷めるまでの時間)が短いのかもしれません。

一応推奨ワッテージが70Wまで書いてあったので50W超でも使ってみましたが、Screwbaccoのイチゴ味は綺麗に飛び去ってしまい、ただの甘めのタバコ味になってしまいました。

というわけで、私は33Wぐらいが常用出力になっています。ミストの立ち上がりを感じつつ、追い込むようにミストが肺を埋め尽くしてくれる感覚。爆煙寄りのアトマイザーであることは間違いないですが、吊るしの状態でこれだけ味が乗ったミストが出るのはちょっと感動レベルです。

なお、Notch CoilはSS製なのでSSワイヤーの温度管理に対応しているMODであれば温度管理の使用も可能です。

ただ、私は温度管理だと立ち上がり後にミストが微妙に頭打つ感じが気になって、VW使用がメインになっています。ここはミストの出方の好みの問題ではありますが、一応温度管理自体は機能している様子です。

まとめ:お手軽爆煙RDTA!

途中若干ネガティブなところを書いてはいますが、それを差し引いても味や煙量など、価格に対して十分にVAPEの楽しさを感じさせてくれる良い製品だと思います。

あと、ポジティブな点も挙げておくと、個人的に気に入っているのは、

・デッキ内部まで見通せるのでコイル周りのウィックの状況やガンクの状態などが一目で分かること
・デッキも一体型でバラしやすい(工具不要)のでリキッドを変える時のアトマ洗浄が楽

という2点です。私はリキッドを変える時はできるだけバラして洗いたい人なので、これだけでもこのアトマを使う価値はあるなぁと感じます。

最近の持ち運びのメインはTheorem RTAとVT75 Nanoになっています。

Avocado 24と違ってiStick Picoにも乗るというメリットもあるのであとは保有MODや利用スタイルに応じて好きな方を選ぶという感じになるのかなと感じました。

何といっても、ウィックも装着された状態で届くのでMODがあればすぐに使えますし、Notch Coilも長寿命でウィック交換だけで長く使える便利さというのはRTA初心者にも敷居が低くていいです。

当初このレビューでも巻き直しての使用感も見ようかと思っていましたが、Notch Coilを吊るしの状態で使っても十分美味しいと感じたので、その使用感のみで進めてしまいました。

ドリッパーの味が好きだけどリキチャめんどくさい、RDTA使ってみたい!という爆煙系のユーザーの人から、普段使いのお手軽RDTAをお探しの人まで使いやすいアトマイザーだと思います。

購入はこちら!

Wismec Theorem Atomizer(GEARBEST)

dscf6352_r

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 

提携クーポン

海外格安リキッドメーカーHiLIQのクーポンです。
期間の制限無く、全商品が10% OFFになります。
HiLIQ
 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - RTA