電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

スターターキット「ALPHA XF」(Vethos Design)レビュー

   

「VAPE始める時に最初に何を買えばいいですか?」

というのは恒常的によくあるご質問なわけですが、最近は出来が良く、かつ価格も手ごろで高機能なBOXスターターもたくさんあるのでそういったところからVAPEを始める層も増えていると思います。

しかし、やはり最初の1つは目立ちにくいペンタイプが好まれるという傾向はあると思います。

ペンタイプはeGoタイプが主流の時代からAura Miniあたりで新しい流れ(爆煙ペンVAPE)への流れもありましたが、今はやはりBOX主流かな?と思います。

そんな中、今回レビューするのがペンタイプのALPHA XFです。
dscf5880_r

商品の提供は、卸も手がける大手電子タバコ販売ショップ、VAPE POWERさんです!

当初、普通のペンタイプなら今からどこら辺を見るべきか悩むところなのでレビューお断りすることも考えたのですが、詳細を見てみるとなかなか見所があったのでお引き受けすることにしました。

ただのペンタイプとあなどる無かれ。ポイントをまとめつつご紹介したいと思います。

開封・外観

箱です。
dscf5877_r

開けまーす。
dscf5878_r

dscf5879_r

内容物は、
・ALPHA XF
・交換用コイル(1.2Ω)×2
・microUSBケーブル

こんな感じです。写真には写っていませんが、VAPE POWERではシリコンのドリップチップカバー、ユニコーンボトル、国産リキッドのKAMIKAZEリキッドもオマケで付けてもらえるようです。

手に持った感じは普通のペンタイプのスターターですね。
dscf5881_r

ラバー仕上げになっており、スベスベとした手触りが心地良いです。

ちょっとしたデジャヴがありましたが、これOlaXのバッテリーに手触りがそっくりなんですよね。

VAPEを初めて購入した時の初々しい気持ちが蘇ります。(しばし追想)

・・・現実に戻って、スペックを見てみます。

スペック

・直径:13.5mm
・長さ:138mm
・材質:ステンレス、ラバー
・最大電圧:4.2V
・最大ワット数:15W
・バッテリー容量:900mAh
・タンク容量:2ml

バッテリー容量は900mAhと少な目ですが、低抵抗がトレンドの昨今の中、バッテリーに優しい1.2Ωなのでそれほど心もとないということもなさそうです。
(もちろん、終日吸うには少し心配ではありますが・・・。)

バラします。

dscf5882_r

このスターターの変わっているところは、アトマイザーベースが無いことです。

バッテリーとエアフローコントロールの付いたベースパーツが一体になっているイメージです。
dscf5883_r

ここにコイルをねじ込みます。
dscf5884_r

dscf5904_r

ベースパーツが一体となることで、バッテリーのロスが減ったり全体のパーツ数が少なくなり故障を疑う状況になった時の切り分けが容易になるなどのメリットが期待できます。

一方で洗浄のしにくさも伴うので、一長一短なところはありますね。
私は「洗えないところはウェットティッシュで拭けばいいじゃない」という雑なメンテスタイルなので、ベース洗えないぐらいは我慢できます。
(最近はeGo AIOとかiCareとか洗えないもの多いですしね。)

コイルを見てみます。
dscf5894_r

dscf5895_r

このコイルを見て、このスターターに対してがぜんテンションが上がりました

これ、eGo ONE Megaのコイルとそっくり・・・というか、同じ物に見えます。

ちょうど手元にeGo ONE Megaの1.0Ωコイルがあったので並べてみました。
(左:eGo ONE Mega CLコイル、右:ALPHA XF付属コイル)
dscf5897_r

dscf5898_r

dscf5899_r

抵抗値やコイル径など細かな差はあるようですが、物自体は同じですね。

eGo ONE Megaは個人的に味も良く出る名機と評価していまして、簡単に巻き直せるよう作られたCLRコイルは大人気RTAでもCLRジェンダーのベースとして使われていたりします。

CLRコイル関連の過去記事はこちら。
eGo ONEシリーズ「CLRコイル」リビルド解説
eGo ONEシリーズ「CLRコイル」をGenesisビルドしてみた

このスターターでもCLRコイルは使えると思いますが、アトマイザーベースが外せず510接続するようなオームメーターは使用できないので、eGo ONE Megaのような対応アトマイザーを別途用意するか、オームメーターが必要になります。

バッテリーが貧弱なので抵抗値もそこそこ高めにしなければならないので、普通にプリメイドを買うのが幸せかもしれません。

その他の部分も見てみます。

ドリップチップは樹脂製で、口当たりも悪くありません。
dscf5900_r

dscf5901_r

接続は普通の510サイズですね。お手持ちのドリップチップに換装可能です。
dscf5902_r

キャップパーツは特に変哲の無いデザインです。
dscf5891_r

dscf5892_r

dscf5893_r

窓のおかげでリキッド残量も見えやすいですね。

バッテリー側も見ていきます。

バッテリーはラバー仕上げ独特のサラサラとした手触りの良さで、装飾が水色のラインとロゴぐらいで派手さが無いのがいいですね。
dscf5890_r

充電はMicroUSBで直結です。面倒なアダプタ等は必要ありません。
dscf5887_r

充電中は赤く光ります。
dscf5908_r

ボトム側はALPHAを意識したロゴがあります。
dscf5889_r

バッテリー先端はアトマイザーのベースパーツを兼ねた作りになっているので、ここにエアフロー調整があります。

こちらが全開。
dscf5885_r

こちらが全閉です。
dscf5886_r

エアフローの穴が小さいので当然ながらタイトドローです。
コイル側の吸気もかなり小さいので調整幅はあまり大きくないですね。

ではでは、使ってみたいと思います。

使ってみた

リキッドを充填して使っていきます。入れるリキッドは、みんな大好きNICOTICKETのVIRUSです。

リキッドは中央の穴の外側に注ぎます。
dscf5903_r

結構なみなみ入れてみました。
dscf5906_r

では、吸ってみます。
dscf5910_r

煙量は控えめですが、味の出方は全く申し分ないですね。
タバコからの乗り換えの場合はミストが出すぎて喫煙所で浮く心配も出てくるので、むしろタイトドローでしっかりと噛むように味わうこのスタイルで正解だと思います。

ミストも、確立されたBVC(ボトムバーチカルコイル)はやっぱり質感が良く美味しいと思います。かなり好きです。

最近はシングルコイルのRTAでも煙量の多い製品が主流なので、そういったVAPEに慣れている人には物足りなさはあると思います。

ただ、これからVAPEを始める人や、喫煙所での悪目立ちをせずにVAPEを嗜みたいという人にはペンタイプのスマートなスタイルはフィットすると思います。

ちなみに、eGo ONE系のコイルということで一番心配していた漏れですが、リキッドをなみなみ入れた状態で数日立てて放置しましたが、全く無かったので普通に使う分には安心して大丈夫だと思います。

BVCは性質上、温度差や気圧差(飛行機)での漏れは不可避なところあるので、そういった場合はシリンジでリキッドを吸いだすか、逆さで携行してジュースチャンネルにリキッドが触れないようにすれば漏れは回避可能です。

最初の1本を探している人にオススメできるキットだと思います。

購入はこちら!

VethosDesign ALPHA XF ブラック(VAPE POWER)
VAPE POWERの購入で、おまけでKAMIKAZEリキッドがもらえます。

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。
 
GEARBEST
中国の大手ガジェット販売サイト、GEARBESTでは現在3周年の記念セールを実施中です。
通常でも格安ですが、商品によってはかなり大きな割引になっているようなので、気になる製品がある人はこのタイミングでチェックしてみてください。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Giftsで購入の際、クーポン入力欄にAVB15を入力いただくと15%OFFになります。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - スターターキット