電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

スターターキット「ATOPACK PENGUIN」(Joyetech)レビュー

   

eGo AIOでオールインワンスターターの新機軸を作ったJoyetechが、またオールインワンカテゴリーで新境地を開きました。

それがこのATOPACK PENGUIN(アトパック ペンギン)です。

商品の提供は、豊富な商品ラインナップとクチコミが魅力のベプログショップさんです。いつもありがとうございます!

オールインワンの使い勝手もそうですが、このキットは上級者含めて味の面での評判が非常に良いのでとても期待が高いです。

ペンギンさんの実力やいかに。早速見ていきましょう。

開封・外観

箱です。ペンギンかわいい。

開けまーす。

ジャンッ。

付属品は、

  • Penguinバッテリー(バッテリー本体)
  • ATOPACKカートリッジ(吸い口付きのアトマイザー相当部分)
  • ATOPACK coil (JVIC1 0.6ohm)
  • ATOPACK coil (JVIC2 0.25ohm)
  • シリコンキャップ(カートリッジ上下装着用)
  • QC(クイックチャージ) USBケーブル
  • クイックスタート
  • 保証カード
  • ワーニングカード(注意書き)
  • スペアパーツ

こんな感じです。

こちらがATOPACK PENGUINです。

ツルンとした外見で、オシャレな加湿器を思わせるデザインです。

スペックを見てみます。

仕様(スペック)

  • サイズ:27.0mm x 52.0mm x 103mm
  • 重量:139.5g
  • カートリッジ容量:8.8ml(標準版)
  • バッテリー容量:2000mAh
  • 最大出力(W):50W
  • 最大充電電流:2A
  • 出力モード:直接出力(いわゆる固定電圧)
  • カラバリ:シルバー、ホワイト、ブルー、レッド、ブラック

カラバリもいろいろあって、今回特に指定はしていませんでしたが一番ペンギン感が高いホワイトを提供いただいてちょっとテンション上がりました。

サイズはちょっとしたスターター(MOD+アトマイザー)と同等かやや大きいぐらいです。
2000mAhバッテリー内蔵、リキッド容量8.8mlと十分なスペックになっているのでサイズは仕方ないというところでしょうか。
iCareなどの簡易なニコチンフィーダーとはコンセプトから違いそうですね。

ちなみにカートリッジは2.0mlに抑えてTPD(欧州タバコ規制)に対応したバージョンもあるようですが、日本では現状においてこういったリキッド容量の上限はありませんので付属の8.8ml版を使えばいいかと思います。

外観を見ていきましょう。

吸い口はカートリッジと一体化していますが、ツルンとしていて口当たりも悪くありません。

内径もしっかり広めですね。
コイルが口吸い(マウストゥーラング)の0.6Ωと直肺(ダイレクトラング)の0.25Ωの2種類が用意されているので、ここはダイレクトラングに対応した吸い口になっているようです。

ボタン部分はカートリッジと質感を合わせてあります。

ややプラスチッキーな感じは否めませんが、カチカチとしたクリック感は悪くありません。

ボタン下に見えるUSBポートは2Aの急速充電に対応しています。
急速充電は付属のケーブルと、2A給電に対応したアダプターの使用が必要です。他のキットについているケーブルだと2A充電はできないケースがあるのでご注意くださいませ。

私はどちらかというと、1分1秒争うような急速充電よりバッテリーへの優しさを重視したいので、普通に0.5Aで充電すると思います。
(充電時の供給アンペアが増加すると、バッテリーへの負荷が大きくなります)

ボタン下部はバッテリーインジケーター(残量表示)になっており、パフ時に点灯してバッテリーの充電状況をチェックすることができます。

ペンギンのおでこ(?)部分に見える穴がエアフローです。

調整はできません。後述しますが、このキットは選ぶコイルでドローが固定になります。
こだわり派の人には少し残念な仕様ですね。

背面から見ると、カートリッジに窪みがつけてあり、取り外し時に指をかけやすくなっています。

ボトムにベントホールが見えます。

バラしてみる

バラすって言ってもカートリッジ外すだけなんですけどね。

引っ張ればジャコン!と抜けます。

溝が切ってあるので、はめる時はここを合わせてから差し込みましょう。

抜けた穴をマジマジと見てみます。

コイルへ電力を供給する接点のポッチがあります。上に見えるシルバーの金具はカートリッジを固定するための板バネですね。

こちらがカートリッジパーツ。

一般的なVAPEで言うアトマイザーに相当する部分です。

カートリッジには初期状態ではコイルの代わりにダミーパーツが入っています。

ダミーパーツなんぞ付けずに最初からコイル付けておけばいいじゃない、という声もありそうなんですが、個人的には初期ではコイルが装填されていない状態がありがたいです。
届いて動作確認する時に、うっかりリキッド入れずにパフしちゃって焦がす、という経験を数回している私ですので。書いてて思いましたがあまりニーズ無さそうですね。すみません。

ただ、バッテリー装着済みのキットはコイル未装填で不意の通電が無いようにケアしておくのは良いことだと思うので、Joyetechさすが分かってるなと思いました。

片側を持ち上げれば外せます。

シリコンのダミーコイルを抜いた穴を見てみます。

中央寄りに見えるのがリキッドチャージ&供給の穴、もう一つの画像左に見えるのがエアーの吸い込み穴です。
リキチャする穴を間違えたらダダ漏れですので間違えないように注意しましょう。

カートリッジには、リキッド残量が見られる窓と、充填したリキッドのフレーバーやニコチン濃度などをメモするスペースがあります。

スモークで半透明な窓からリキッド残量見るのですが、ちょっと見づらいです。ここだけ透明な素材に変えるわけにもいかないだろうから仕方ないとは思うのですが。

下部にかぶせる(ダジャレみたいになった)ためのシリコンでできたオムツパーツが付属しています。

マウスピース側にかぶせるシリコンパーツも付けていますが、こちらは穴が開いているのでどちらかというと汚れ防止な使い方ですかね。もしくはMTL時に内径ちょっと狭める用?

この記入スペースとシリコンオムツ見る限りは、ATOPACK PENGUINは複数のカートリッジを持ち歩くような利用シーンを意識しているように思えます。

ベプログショップさんでも近々カートリッジの取扱いを始めるそうなので、そうなればこのカートリッジとコイルたくさん買って5種類リキッド持ち歩くとかできますね。すごく楽しそう。

今、FITTでそれに近い使い方はしているのですが、容量、リフィルの簡便さ、味の面でこちらが優位(当然サイズはFITTなわけですが)ですし、マウスピースも含めて丸ごと交換できるATOPACK PENGUINの素敵さはそういう使い方でこそ光るんじゃないかなと思ったりします。

そんな展望も見えてくる中、味の要になるコイルをじっくり見てみます。

コイルをじっくり見てみる

付属するコイルはJVIC (Juice Vertical Injection Coil)です。

耐熱性に優れたセラミックをベースとして構成されたコイルパーツです。
このコイル、上部の突起部分がジュースホールになっており、エアーは前後に流れていくというスタイルになっています。

エアーの導線としては一般的なバーチカルコイルと同様ですが、エアーの流れがカートリッジとコイルの中で完結しているという点が素晴らしいです。

要は、コイルがしっかり差し込めてさえいればバッテリー側にリキッドが付着する機会が無いんですよね。

オールインワンタイプのキットは色々と見てきましたが、カートリッジはバッテリーが内蔵された本体のどこかしらかの穴から吸気してエアーを取り込む構造になっていました。
エアーを取り込めるということは、リキッドが過剰に供給された場合はそこから漏れ出す可能性があるということです。

ショートのリスクもそうですが、バッテリー内蔵のキットは丸洗いできないので汚れの除去が十分にできないのも気になります。

ATOPACK PENGUINはバッテリー本体は純粋に電力供給に徹しており、エアフローに関与しません。
これはうなりました。すごくよくできてる。

シリコンの隙間からにじんだという話も聞くので漏れリスクゼロとはいかないですが、一般的な構造と比較すればとても配慮が行き届いているように思います。

見える金属の2点がバッテリー接点です。

コイル側を覗くとこんな感じ。

一応反対側も。

ウィックもセラミックにしてくれているかな?と思いましたが、毛羽だっている感じなどを見る限り普通のコットンっぽいです。

台座から大きいのでコストが心配でしたが、ベプログショップさんで5個セット1,500円とのことなので、コスト的には一般的なクリアロと大差ないレベルです。
[Penguin]専用コイル5個セット JVIC1 JVIC2【Joyetech】

というか、思っていたよりかなり安かった。ありがたいことです。

コイルは付属品でも紹介した通り2種類あり、先ほどの画像の物が0.6Ωの口吸い(MTL:マウストゥーラング)のものです。

こちらが0.25Ωのミスト量重視の直肺(DL:ダイレクトラング)のコイルです。

コイル側を覗くと内径が0.6Ωのものとは全然違いますね。

ATOPACK PENGUINにはエアフローコントロールがありませんので、このコイル内径の差でドローに違いを付けているようです。

もうここまででかなり字数使ってしまったので、そろそろ吸ってみようと思います。

使ってみた

では、使ってみます。

リキッドはReaper Blend Mentholを入れます。タバコ系のリキッドはドリッパーなりで吸うのが好きだったりしますが、ATOPACK PENGUINがタバコの複雑な味わいをどれぐらい表現できるのか気になりまして。

リキッドは先ほどの穴から入れますが、スポイトだと結構入れにくかったです。

ちょっと穴の外側にも付いちゃったけど気にしません。

コイルは、カートリッジに差し込む前にコイル両側と上部にリキッドちょんちょんして予め吸わせておくとドライヒットを回避できます。

リキッドを充填したらコイルをカートリッジに差し込みます。

上下あるので注意。

ピタッとハマります。

シリコンに押し込むだけですが、密閉自体はしっかりできているようです。

ではでは、バッテリーに装着して使ってみます。

今回レビューで使ったのは0.6Ω MTLコイルです。

吸ってみます。

まず気になるコントロール不可のドローですが、MTLとしては私の感覚からするとやや軽いです。
がんばれば肺直でもいけるんじゃないかぐらいのドローです。

ただ、エアーが多くて薄くなるということもなく、十分に濃いミストが出ています。
そりゃそうか。普段1.0Ω前後とかのコイルなので、煙量は普段より多いですものね。

そして肝心の味ですが、かなり美味い。お世辞抜きで。
ミストがきめ細やかで味もクリアです。

多くのコイルは使用した最初に軽いコットン臭があったりするのですが、そういうことも無く1パフ目から美味いです。

ちなみに、固定電圧なので0.25Ωコイルではかなりハイワッテージの爆煙モードになります。
MAX充電で4.2Vとして、電力(W)は電圧(V)×電圧(V)÷ 抵抗値(Ω)なので70.6Wほどです。

特にクラプトンということもなく単線でこの出力なので容易に焦げるようで、ベプログショップの人からも連続パフで焦げたケースがあるという話を伺いました。
コイル上部のジュースホールが小さいというのも原因の一つにあるように思えます。

・高VGのリキッドは回避する
・チェーンで吸わない(供給を待つ)

など、運用で気をつけた方がいいかもしれません。

私は0.6Ωコイルで十分な煙量と感じられたので、交換コイルも0.6Ωコイルでいいかなーと思っています。

ということで、リキッド大容量、漏れない、美味いと言うこと無しな気がするATOPACK PENGUINですが、強いて気になるポイントとがあるとするとこのサイズ感でしょうか。

みんな大好きiStick Picoと並べても、それなりに大きさがあります。

eGo AIO Boxのように小さなオールインワンタイプもある中なので、単純にオールインワンタイプで並べるとかなり気になる大きさではあると思います。

ただ、バッテリー容量や味の面では通常のMOD+クリアロに引けをとらず、リキッド容量も8.8mlと大容量というメリットを並べると、このスターターが独自のコンセプトで進化した結果なのかなと思わせてくれます。

かわいいペンギンの姿"だけじゃない”、VAPEの楽しさを十分に感じられる良いスターターだと思います。

購入はこちら!

Atopack Penguin スターターキット【Joyetech】(ベプログショップ)

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。
 
GEARBEST
中国の大手ガジェット販売サイト、GEARBESTでは現在3周年の記念セールを実施中です。
通常でも格安ですが、商品によってはかなり大きな割引になっているようなので、気になる製品がある人はこのタイミングでチェックしてみてください。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Giftsで購入の際、クーポン入力欄にAVB15を入力いただくと15%OFFになります。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - スターターキット