電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

パイプ型スターターキット「Guardian Sub Kit」(SMOK)レビュー

   

VAPEは喫煙・タバコを模した嗜好品なので、形もタバコを意識した物が多数あります。
昔々に紙巻タバコのようなカートリッジタイプの電子タバコもありましたし、Emiliなんかも紙巻タバコのようなサイズ感を目指した製品ですね。

そして、喫煙趣味の中でも奥が深いとされるパイプ形状のMODは、VAPEでもニーズが高いのか、チューブ型、ボックス型ほどではありませんが多数製造されています。

私が大好きなSUNBOXでもPB7というパイプのようなグリップを狙った製品がリリースされていますし、パイプMODで有名どころではePipeModsというショップがあり、ここではパイプ型MODによく合うステム(長いドリップチップ)も売っています。
余談ですが、ePipeModsは今年末をもって閉店がアナウンスされています。悲しい。

さてさて、そんな中ですがマスプロでパイプ型MODのリリースをがんばっているSMOKが送り出したパイプMOD付属のスターターキットがこちら、「Guardian Sub Kit」です。
dscf5916_r

ついに私もパイプ型に触れる時が来ましたよ!

提供は、電子タバコ通販サイトのRock Me Vapeさんです。ありがとうございます!

尖った見た目の製品で、レビューの打診を受けた時は思わず「よくこれを仕入れましたね・・・!」と唸ってしまった一品です。

なかなか面白い製品なので、じっくり見ていきましょう。

開封・外観

箱です。
dscf5911_r

開けまーす。
dscf5912_r

dscf5913_r

安定のシリカゲル。

dscf5914_r

内容物は、
・Guardian Sub Mod
・Helmet Tank
・0.4Ω Fused Clapton Dual Coil ×2(1つはアトマ設置済)
・1A eGo-USB 充電ケーブル
・取扱説明書
・スペアパーツ
こんな感じです。

dscf5915_r

手に取ると・・・なんかこう・・・マンダムな雰囲気になりますね。
※「うーん、マンダム」がわからない世代の方はお父さんに聞いて下さい。

単純なバッテリー+アトマのキットなのに形状がパイプなだけで、リビングでふかふかの絨毯の上に置いたラグジュアリーなチェアで、膝のペルシャ猫をなでながら赤ワイン片手に吸わなければいけないような気がしますね。

しませんか。そうですか。

このままだと出オチと思われかねませんので、MODとアトマを分けてそれぞれ見ていきましょう。

MOD:Guardian Sub Mod

こちらがこのキットの肝、パイプ型のGuardian Sub Modです。
dscf5917_r

これだけ見ると、ゴルフクラブのヘッドみたいですね。

スペックから見ていきましょう。

スペック

・素材:ABS樹脂、ポリカーボネート
・サイズ:109.2mm x 55.2mm x 47.7mm
・対応抵抗値範囲:0.2Ω ~ 2.5Ω
・電圧:3.4V ~ 4.2V
・バッテリー容量:1900mAh
・保護機能:抵抗値に合わせた自動出力調整、12秒カットオフ、短絡検知、低電圧保護

見た目から木製かな?という印象を受けるこちらのMOD、実態は樹脂素材のようです。
dscf5946_r

表面をよく見ると、プリントのドットが確認できます。

正直な気持ちで言うと、Guardian II(SMOKが前に出していたパイプ型の18350 VW MOD)が本物のウッドを使ってゴルフクラブのような上質さを出していたところから比較するとやや見劣りしてしまうところはあります。

一方で、樹脂素材であれば木と違ってメンテナンスフリーでもありますし、マスプロ品としてはこういうスタイルが正解なのかなとも思います。

細部を見ていきます。

510のアダプタ部分はゴールドのメッキ仕上げで、溝が切ってあるのでアトマイザー下部から吸気するようなタイプのものでも使用可能です。
dscf5945_r

充電は、ここにちょっと懐かしいeGo USBチャージャーを差し込んで使います。
私がこれまで触ったことがあるキットに付いていたチャージャーとは違い、510に特化した作りになっています。
dscf5918_r

接続してみると・・・

dscf5919_r

(シャワーヘッド・・・?)

構造から充電中はアトマイザー挿せないので、当然ながらパススルー(充電しながらの利用)はできません。

間違っても、このチャージャーで他のMODを充電したりしないようにしましょうね。チャージャー側とMOD側のどちらで過充電防止などを担っているかはっきりしないので、過充電でバッテリーを痛めたり爆発のリスクもあります。

口金の根元には、主張しすぎない程度にSMOKのロゴが入っています。
dscf5950_r

スイッチ部分です。
dscf5948_r

ここは、恐らくパイプの詰めた刻みタバコのイメージで造形されているんだと思います。

気持ち、っぽくもあります。

スイッチを押すと赤く光ります。(写真では上手く撮影できず・・・。)

平坦で最低限の白色LEDでも良かったのではないかと思ったりもしますが、ここはSMOKのこだわりかなと思います。

慣れるとこのザラザラの手触りをファイアで押す感じで、悪くはないです。
dscf5915_r

操作自体は5クリックON/OFFのみなので、使い方に悩む心配はいらなそうです。

底部(スイッチの裏側)にはベントホールが開いています。
dscf5947_r

ちなみにアトマイザーとの接合部分のサイズは24.5mmのHelmet Tankに合わせてあるため、一般的な22mmのアトマイザーだとやや段差ができます。

Immortalizer Plus RDAにTaifunのロングドリップチップを付けてみました。
dscf5953_r

やっぱり、少し段差ができますね。

というわけで、24mmのVerv RDAを付けてみました。
dscf5955_r

こちらは段差も気にならないレベルで、Vervの無骨な感じがいい味出してます。

こうなるとステム(パイプ風の長いドリップチップ)が欲しくなりますね。

続いてアトマイザーを見ていきましょう!

アトマイザー:Helmet Tank

アトマイザー(クリアロ)のHelmet Tankです。
dscf5920_r

「ヘルメット」と聞くと、バイクに乗る時なんかのあのヘルメットを想像してしまうわけですが、ここでのヘルメットはアトマの模様を見る限り「兜」でしょうね。

Guardian Sub Modと良く合うゴールドのメッキです。
質感自体はいかにもメッキという感じですが、MODと合わせて高級な雰囲気を作っています。

こちらも、スペックから見ていきます。

スペック

・サイズ:24.5mm x 45.5mm
・素材:ステンレススチール
・容量:2.0ml
・接続:510

細部を見ていきます。

ワイドボアなドリップチップ一体型のトップキャップになっています。
dscf5924_r

覗き込むとコイルが見えます。
dscf5923_r

このアトマイザー、ちょっと特殊で押しながらでなければ開けることができません。

リキッドボトルや、最近だとeGo AIOのトップキャップと同じような機構ですね。

最近は海外でもアトマイザーに関する各種規制(リークフリー、子どもが簡単に外せない仕組み)が導入されているようで、それに合わせた構造だと思います。

最近流行のトップ吸気・リターンフローの構造です。
dscf5931_r

エアフロー調整はゴールドのキャップの内側に隠されています。

調整しにくいので見えた方がありがたいというところもありますが、デザイン上はよくなりますね。

コイルは大きなジュースホールがあり、Fused Clapton(複線芯のクラプトンワイヤー)ということで爆煙タイプであることがわかります。
dscf5927_r

dscf5929_r

コイルはトップ側に接続して、タンクに差し込んで使います。
dscf5932_r

リキッド容量はMAXラインまでで2mlです。大きくはないですね。
dscf5926_r

ポジピンは調整不可です。
dscf5925_r

使ってみた

ではでは、使ってみます。

リキッドは、VapeSickの梅酒を入れてみました。
dscf5944_r

吸い方は・・・こういうスタイルでしょうか。
dscf5951_r

今までにBOX MODやチューブMODなど色々触っていますが、未体験のスタイルなので恐る恐るです。

吸ってみます。

クラプトンということ立ち上がりが心配でしたが、スイッチを押すと同時にミストがガンガン飛んできます。

見た目は紳士の嗜みのような雰囲気を醸し出しているのに、これで爆煙というギャップが面白いですね。

ミストの質は、柔らかではなく結構荒い印象です。ちょっとリキッドが喉に絡むような感じになります。

物は変わりますが、メーカーが同じだけあってStick One Plusと似た雰囲気です。背の低さからか、かなりダイレクトな吸い味になっているようです。

煙量や味の出方は申し分ないので、リキッドの質感だけもう少し細やかになればもっといいのになぁと思いました。

まとめ:他人とは違う、パイプの楽しみを得たい人に

最近はVAPEも大きいもの、小さいものと色々種類が増えていますが、パイプ型については選択肢は多くありません。

そんな中でこのGuardian Sub Kitが提供してくれるのは、他に無いVapingスタイルと、そこから生まれる圧倒的な存在感では無いでしょうか。

これでVAPEオフ会とか参加したら「あ!パイプの人だ!」って覚えてもらえること間違いなしです。

BOX MOD全盛、チューブならメカだろ!という中で自分だけの世界観に浸りたい人にぜひぜひ使って欲しいスターターです。

購入はこちら!

SMOK GUARDIAN SUB KIT(Rock Me Vape)
※Rock Me Vape楽天店では送料無料で購入できます

dscf5916_r

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。
 
GEARBEST
中国の大手ガジェット販売サイト、GEARBESTでは現在3周年の記念セールを実施中です。
通常でも格安ですが、商品によってはかなり大きな割引になっているようなので、気になる製品がある人はこのタイミングでチェックしてみてください。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Giftsで購入の際、クーポン入力欄にAVB15を入力いただくと15%OFFになります。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - スターターキット