電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

スターターキット「Topbox Mini」(Kangertech)レビュー

   

爆発的ヒットとなったKangerのスターターキット「SUBOX Mini」。

Kangerのヒット商品である「SUBTANK Mini」に、デザインを合わせたVW BOX MOD「KBOX Mini」をバンドルしてスターターとすることで、簡易な操作性により初心者の入門キットや中級者のサブ機として大いに売れた商品だと思います。

SUBOX MiniはVWとして必要十分な機能性で人気を博しましたが、いかんせん温度管理の流行り始めの時期だったのもあり、次第にスターターとしての座をVTC Miniあたりに奪われたように思います。

そして、そのKangerが満を持して送り出してきたのが、今回レビューする「TOPBOX Mini」です。
DSCF3113_R

商品は、最近は海外リキッドをマグロで言うトロだけみたいな至高ラインで拡充中のVAPE COLLECTIONさんです。
ありがとうございまーす!

では、製品を見ていきたいと思います。

開封・外観

相変わらず、Kangerの化粧箱の重厚感たるや。
DSCF3072_R

開けまーす。

DSCF3073_R

DSCF3074_R

付属品は、
・TOPTANK Mini
・KBOX Mini TC-75
・Ni200コイル(0.15Ω)
・SSコイル(0.5Ω)
・クラプトンコイル(0.5Ω)
・RBA Mini plusユニット
・RBA用パーツパック(コットン、形成済みコイル)
・USBケーブル
※キットは18650バッテリーが1つ別で必要ですが、VAPE COLLECTIONさんのキットはバッテリーが付属しています

相変わらず付属品が盛りだくさんです。

プリメイドコイルが3つも付いてるって時点で楽しくてしょうがないですね。

アトマとバッテリーを分けて、それぞれ見ていきたいと思います。

TOBTANK Mini

SUBTANK Mini、待望の公式トップフィルモデルです。
DSCF3081_R

これまで、サードバーティーのトップフィルトップパーツが販売されていましたが、ようやくKanger本家でもトップリフィルに対応し、名前もTOPTANK Miniとなりました。

トップフィル可能になった以外は、概ねSUBTANK Miniと同じです。

SUBTANK Miniと並べてみましたが、瓜二つですね。
DSCF3108_R

バラします。
DSCF3080_R

上から見ていきます。

まずドリップチップ。
DSCF3093_R

もはや、いつものと言っていいかもしれませんが、SUBTANK MiniやNEBOXなんかでも使われていたものとほぼ同一のドリップチップです。

そして、トップパーツを見て少し気になったところ。
DSCF3082_R

ほんのわずかにですが、塗装が剥がれています。

SUBTANK Miniのブラックもそうでしたが、この塗装、リキッドや超音波洗浄機などで少しずつ痛んで露出が大きくなっていきます。

私はあまり神経質なタイプではないので、機能性さえ良ければこの手の廉価なアトマイザーで塗装剥げがあっても気にしないのですが、気になる人はステンレスのタイプのKBOX Mini PlatinumTOPTANK MINIをバラで揃えるという荒業もあります。

KBOX Mini Platinumは対応ワイヤーが少なかったり、機能は完全互換ではありませんがTi/Ni200が使えるので通常の利用範囲では十分だと思います。

私のように
「細かいことは気にしない」
「塗装落ちも味のうち」
と思える人は、バンドル版買う方がグッとお得です。

てな話も挟みつつ、どんどん見ていきます。

トップ側を外すと、リキッドチャージのための穴が出てきます。
DSCF3084_R

それなりに大きさもあるので、スポイトやシリコンボトルなど大抵のボトルでストレス無く使えると思います。

エアホールの調整はSUBTANK Miniと同じで3段階です。
最大。
DSCF3104_R

2番目。
DSCF3106_R

こちら最少。
DSCF3105_R

というか、ベースで自体、SUBTANK Miniと同じなんじゃないかと思います。

違いを見つけるのが困難。
DSCF3107_R

共通パーツが多いと、壊れた時なんかにパーツを引っ張ってこれるので、これはこれでアリだと思います。

ボトムのポジティブピンは調整不可です。
DSCF3083_R

さて、次はコイルを見ていきましょー。
3種類&RBAベースあるからなかなかに盛りだくさんですよ。

コイルユニット

DSCF3094_R
左から、
・Ni200コイル(インシュレーター青)
・SSコイル(インシュレーター赤)
・クラプトンコイル(インシュレーター黒)
・RBAベース
です。

Ni200コイルは、普通の等間隔な感じですね。
DSCF3098_R

続いて0.5Ω SSコイル。
DSCF3099_R
細いワイヤーがこれでもかと巻いてあります。

最後はクラプトンコイルです。
ワイヤー途中からクラプトンになっています。
DSCF3097_R
おそらくは、リキッドの保持量の多い中段だけをクラプトンにしたのではないかと思いますが、真偽は不明です。

最後に、RBA Mini plusユニットです。
DSCF3100_R

他のレビューサイトなどでも言われていますが、トップフィル以外でのSUBTANK MiniからTOPTANK Miniでの大きな変化が、RBAユニットのジュースホールの変更です。

DSCF3103_R

ジュースホールが、小さく、そして位置が高くなりました

個人的には、この変化は考え尽くされたものだと思っています。
主要因として考えられるのは、トップフィルへの対応です。

軽く図説します。
toptank-rba

トップキャップ開けた開放状態と思って下さい。

従来のSUBTANK Miniに対して作られたサードパーティー用のトップフィルパーツでよく聞く問題が、漏れるということでした。

これに対して、Kangerではジュースホールを小さくし、位置を上げることで、リキッド自体の重みによる過剰なコットンへの浸透を防ぎ、リキッド漏れのリスクの軽減したかったのだと思われます。

従来のSUBTANK MiniがVW前提の爆煙系だったのに対し、今回のTOPTANK Miniは温度管理での使用も前提となるアトマイザーです。

したがって、きちんと運用されていればイガるリスクは減りますので、そうであれば供給力を多少落としてもジュースホールの位置を漏れに強くしたかったというのは何気に正しい判断なのかなと思います。

なので、コットンワークとしても、コットンをしっかりチムニーパーツに沿わせ、進入を防ぎつつ、その上で供給力が落ちたことを補うべくコットン量を少なめにしてやることが肝になります。

RBAでのリビルドは後日追記したいと思います。←写真撮り忘れた

KBOX Mini TC-75

さてさて、ようやく折り返しです。

MODを見ていきます。
DSCF3076_R

ちなみに、この新しいKBOX Mini、外観面では寸法やロゴを含め、旧KBOXと全く一緒です。変更は内部の基盤部分(温度管理への対応)です。

なので、サクサクッと進んでいきたいと思います。

トップは510のスプリング式です。
DSCF3085_R

お尻には適合マークとKangerデザインだよっていう文字。ベントホールはここには無し。
DSCF3086_R

バッテリーはマグネット式のカバーを外して脱着します。
DSCF3078_R

DSCF3079_R

で、ベントホールはこのバッテリーカバーの裏にあります。
DSCF3092_R

バッテリーカラーが見えて気になる場合は、バッテリーに貼るようの赤いシールが付属しているのでそれを使ってもいいですが、あまり気にするところでもないかなと思います。

プラスチッキーなボタンも健在です。
DSCF3090_R

DSCF3091_R

はい!ここまではSUBOX MiniのKBOX Miniと同じです!ありがとうございました。

ディスプレイは、KBOX時代と発光の感じはほぼ同じで、輝度もしっかりしているので画像以上に見やすいです。(湾曲しているため、写真では写り込みでやや見えづらくなっています)
DSCF3089_R

温度管理の機能面を少し見てみるよ

さて、一番の進化であり関心事である温度管理機能について見ていきます。

BBさんのブログでコットンバーンテストの結果が公開されていますが、十分に温度管理自体は機能していると見て問題無さそうです。

使用感を見るために、TiワイヤーでビルドしたNectar Micro-Mを使って温度管理を試してみましたが、立ち上がりもスムーズでミストの減衰も無く、十分美味しく吸えます。

というわけで、Ni200、Tiに関しては及第点と言えるわけですが、特色であるNiCrでの温度管理も試してみたいと思います。

手持ちのNiCrワイヤーが0.15mmという髪の毛みたいなものしかなかったため、カンタルでもいける?!という評判を後ろ盾に、カンタルワイヤーでNiCrモードを動かし、ドライバーンテストをしてみました。
14575874579020

が、残念ながら200Fで焦げ焦げとなってしまいました。

カンタルは温度抵抗係数が非常に小さいため、そのフィードバックを受けられるだけの進化となればすごいなと思いましたが、そこまでには至っていないようです。

カンタルの温度を(推量ベースを含めて)管理しようという本気度でいけば、IJOYのSolo Miniの方が上かもしれません。

結論からいくと、温度管理をしたければ、素直に合ったワイヤー(Ni200、Ti、SS)を使おうというのが私のオススメです。

無理しなくていいんやで・・・。やりやすいのでやっていこうな・・・(遠い目)

吸ってみた

さてさて、随分と長くなりましたが、ようやくここでアトマとMODが合流です。

手に持った感じもSUBOX Miniと大差ないです。
DSCF3110_R

温度管理についてはMODの説明であらかた語り終わっているので、クラプトンコイルを使って吸ってみたいと思います。

リキッドは、AmbrosiaのSeleneです。トップフィルなので、トップキャップを開けてリキッドを注ぎ入れます。
DSCF3111_R

DSCF3114_R

吸った感じは、ドローの雰囲気、咥え心地など総じて評判高いSUBTANKのそれです。
嫌なケミカル感も無く、十分なリキッドが飛び込んできます。

しかし、このクラプトンコイルはなかなかいいです。

クラプトンと言えば「きめ細やかなミストが大量に出る」というメリットと、「立ち上がりが遅い」というデメリットがあります。

TOPBOXでは、クラプトンの巻き方をしている部分をコイル中央部に限定することで、立ち上がりも過度に遅くならず、十分なミストを出すことに成功しています。

SUBTANKの味が好きな人は、まず裏切られない味じゃないでしょうか。

まとめ:SUBOX Miniの正統進化版

旧SUBOX Miniキットと比較して、外観の雰囲気はそのままにアトマ・MODともしっかりと地力を上げて再登場してきました。

今、BOXタイプのスターターとしては、
・ファームアップグレード可能で将来性のあるVTC Mini
・SUBTANKユーザー待望のTOPTANK MiniをバンドルしたTOPBOX Mini

というのが二大巨頭になると思います。

VTC Miniは良いMODですが、キットのアトマイザーは複数種類(eGo ONE Mega、TRON-S、Cubis Tank)がバリエーションとしてある中で、「これだ!」というアトマが無いのも事実です。
それぞれが、RBAに使用するベースやCLRコイルが別売りというのもちょっとしたネックだと思います。

それに対して、TOPBOX Miniは、とりあえずこれだけあればRBA挑戦まで可能大人気のSUBTANKのトップフィル版クラプトンを含む豊富なコイルがバンドル済ということで、安心感を持って購入できる良いスターターだと思います。

随分と長くなりましたが、SUBOXを使っていて温度管理への挑戦をしたかった人には、持った感じも変わらずうってつけのキットではないでしょうか。
 
 
購入はこちら!
KangerTech TOPBOX mini バッテリー付き(VAPE COLLECTION)
 
 
DSCF3109_R

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - スターターキット