電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

スターターキット「Witcher 75W Box Mod Kit」(Rofvape)レビュー

   

アトマイザー埋め込みタイプ(ステルス)のMODは昨今人気の高いジャンルなのですが、どうしても大きくなりがちなサイズ感などがネックになっている傾向がありました。

そして、そのサイズ感を逆手に取って、存在感のあるデザインで攻めてきたのが、RofvapeのWitcher 75W Box Mod Kitです。
dscf6606

製品は、GEAR BESTさん提供です。いつもありがとうございます!

これ、昨日届いた際に軽い気持ちでハンドチェックの画像をアップしたら、夜までの間に100以上のファボをいただきました。

こういう製品を待ち望んでいた人が多いのだなぁと思い、予定を前倒ししてレビューを掲載することにしました。

どうしてもMODに注目が集まりがちなキットではありますが、搭載されているアトマイザーもなかなか優秀です。
そこら辺も含めて、たっぷりレビューで見ていきたいと思います。

開封・外観

箱です。
dscf6599

開けまーす。
dscf6600

dscf6601

dscf6602

dscf6603

内容物は、
・Witcher Box Mod
・Witcher Tank
・交換用コイル×3(一つはアトマイザー設置済)
・交換用メタルカバー
・Micro USBケーブル
・交換用Oリング
・ワイドドリップチップ
・六角レンチ
・取扱説明書
・保証書

こんな感じです。

手に取ると、小指部分のカーブ含めてしっくりと馴染むよくできたデザインです。
dscf6606

サイズ感も大きくはありますが、デザインがよくできているのでそれほど大きいと感じさせず、むしろこのサイズ感がプラスに働いている印象すら受けます。

軽くグルッと見ていきましょう。
dscf6604

dscf6605

dscf6607

dscf6608

いいですね。良い感じです。(何がだ)

アトマイザーとMODをそれぞれ見ていきたいと思います。

アトマイザー:Witcher Tank

まずはバンドルされているクリアロマイザー、「Witcher Tank」から見ていきましょう。

上下のクラウンのようなデコボコした造形、中に鉄格子のようなパーツが沈むデザイン性の高いアトマイザーです。
dscf6626

バラします。
dscf6614

このアトマイザー見た時の最初の印象は、
「あぁ、タンクの中に見た目のためだけにこんなパーツ入れちゃって・・・。洗うの面倒になるでしょ・・・。」

という気持ちだったのですよ。

ところがこれ、トップのエアフローで取り込んだ空気をコイル下に送り込みボトムエアフローにするための空気の通り道です。

要は、iSub APEXでタンク外周を通らせていたエアフローを、この鉄格子を通らせることで実現しているわけです。

これにより、漏れ耐性が高くなると共に、ボトムエアフローらしい素直なフレーバーが期待できます。

これです。これですよ。僕がレビューやっていて楽しいと感じる瞬間です。めっさテンション上がります。

キャップを開けるとエアフローが通るための外周の穴と、タンクに通じる内周の穴が見えます。一番中央はミストが出てくる穴ですね。
dscf6621

dscf6620

リキッドを入れる時は、間違えずここに注ぐようにしましょう。
dscf6642

その構造のためにリキッドの注ぎ口はトップフィルのアトマイザーとしてはやや狭めです。ドロッパーボトルでもスポイトでも対応できるサイズだとは思いますが、少しだけ気を遣うポイントではありますね。

リキッド容量は5.5mlと最近流行の小さなタンクには無い安心の大容量です。

エアフローは無段階調整可能です。
dscf6626

全閉もできます。
dscf6625

コイルを見てみます。
dscf6617

コイルはよくあるバーチカルコイルです。コイルの内径はかなり太めですね。
dscf6616

ボトムから吸気しますが、ここもストンと穴が開いているので基本的には爆煙系のコイルであることがわかります。
dscf6619

ボトム側を見てみます。ここは普通のクリアロですね。ポジティブピンは調整不可です。
dscf6627

さて、若干順番が前後してしまいましたが、付属のドリップチップを見てみます。
dscf6622

dscf6623

くびれたデザインが素敵なドリップチップが初期で装着されています。いいですね。咥え心地が良いのはもちろん、アトマイザーのデザインの一部として生きています。

普通のやや肉厚・太目のストンとしたドリップチップも付いていますが、元のドリップチップがマッチしすぎていたせいもあって、これじゃない感が出てしまいます。
dscf6624

ここは素直にくびれた方使いましょう。このキットはこういう世界観に浸るものだと思います。(※個人の偏見です)

MOD:Witcher Box Mod

さて、お待ちかねのMOD部分、Witcher Box Modを見てみましょう。
dscf6630

反対からもパシャリ。
dscf6631

見た目がイケてても機能がショボければこれから買うにはさびしいところです。

というわけでまずはスペックから見ていきます。

スペック

・素材:亜鉛合金
・対応アトマイザー:22mm径、25mm径アトマイザー
・出力::7W ~ 75W
・温度管理範囲:200°F ~ 600°F / 95°C ~ 315°C
・温度管理対応ワイヤー:Ni/Ti/SS
・バッテリー:18650バッテリー1本(別売)
・接続:スプリング式510コネクタ
・Micro USB充電対応
・カラーバリエーション:ブラック、シルバー、グレー、レッド

TCRやバッテリーアップグレードに対応していないところがやや最新機種で比較すると見劣りしますが、温度管理もSSワイヤーまで対応しており、通常使用においては必要十分な性能がありそうです。

あと、メカニカルMOD並みの電力効率と称されていますが、私の機材だとどう検証していいのかわからないので、まぁそこはメーカーがそう言っていますよ、とだけ思ってもらえればいいかと思います。

細かい部分を見ていきます。

まず目に付くのはこのアトマイザーを覆うメタルカバーです。
dscf6630

このカバーは、デザインの異なるものがもう1つ付いています。
dscf6633

デザインが違うだけかと思いきや、初期で付いているものよりわずかにサイズも小さくなっています。(22mmアトマイザーも入らなくなります)
dscf6637

どうやら、径の小さなアトマイザーを付けた時にブカブカにならないようにという気配りのようです。

着脱ができるので、なんなら外してノーガードスタイルにするのもアリな気がします。
dscf6635

Minion(Tek Divisionのお高いステルスMOD)にも通じる無骨なかっこよさが漂います。

もちろん、他のアトマイザーに乗せ替えることもできます。
試しに、Kayfun 5を乗せてみました。
dscf6632

全然アリですね。元のアトマ(Witcher Tank)に比べてパンチが足りないと感じるぐらいです。

一応公称では25mmまでのアトマイザーに対応しているとしています。

試しに手持ちで一番大きい24mmのVerv RDAを乗せてみましたが、結構側面当たりながらギリギリスレッドに固定できたような手応えだったので、25mmだとちょっとしたデザイン上の凸部でも入らなくなってしまいそうな気がします。

ディスプレイはアトマイザーの逆サイドにあります。
dscf6605

dscf6628

画像ではやや視認性が悪く見えますが、実際は十分な輝度があり、屋外での使用でも問題ないレベルです。

上部は、一段盛り上げた部分にファイアボタンがあります。
dscf6639

そう。ファイアボタンが上なんです。これもちょっとたまらないポイントですね。

ファイアボタンが上だと、なんというかこう、発射スイッチ的な雰囲気が出てきます。

このMODの世界観でいくとファイアボタンはこの位置じゃないといけないんです。作った人わかってますね。

鋳造チックな鈍い色のベースパーツも、なんかビンテージな雰囲気を醸し出しています。

このMOD、塗装の雰囲気や金属部分の仕上げなどは昔レビューしているVamo Boxっぽい雰囲気で、決して質感が高いとは言えません。
でもなんか、だがそれが良いと言える雰囲気があります。チープなボディの質感とギークなデザインの調和を楽しむMODだと思います。

ボトム側にはバッテリー着脱用のキャップがあり、回しやすいようにキャップのサイドが露出するデザインになっています。
dscf6610

ベントホールもキャップに開いていますね。

バッテリーは上がプラスです。
dscf6612

ここまで書いていて若干テンションが変なのが分かるかもしれませんが、このMOD本当に全体として上手くまとめている印象で、比較的流行を追う傾向のある中華製品(Rofvapeは深センのメーカーです)においてはかなり印象が良いです。

見た目に関してはもうこれ以上無いぐらい出来上がっていますので、あとは肝心の使い心地がどうか、です。

リキッドを入れて使ってみたいと思います。

使ってみた

ではでは、使ってみます。

リキッドは、SNOWFREAKSのACID ANZGRUTです。
dscf6644

使用感としては、ファイアボタンを押してからミストが出るまで若干のタイムラグを感じます。おそらく3クリックメニューの遷移を待つためのラグと思います。

慣れで解消するレベルではありますが、メカのようなファイアからのクイックな立ち上がりを求める人にはややストレスになるかもしれません。(私は慣れでなんとかなる許容範囲内。)

いざパワーが供給され始めれば、出力にマッチした立ち上がりが得られます。
アトマイザーについても、やや大味な感じはありますが、ドローを少し絞れば十分に味は出てくれています。

うん。十分及第点です。

温度管理でも試してみようと、先ほども画像に挙げたTiワイヤーでビルドしたKayfun 5で使ってみました。

温度管理もしっかり機能しており、他のMOD(Joyetech基盤やDNA75など)と比べて遜色ないミストが出ています。ミストが減衰したり、温度管理が効かずに焦げるような感覚はありませんでした。

アトマイザー・MODともに機能面に関しては十分だと思います。

まとめ:この世界観に浸りたいあなたへ

このMODを使いたい人は、ほぼ間違いなく見た目から飛びついていると思います。が、それでいいと思います。

私は未だに見た目が気に入ったら、2年前からの基盤であるDNA40のMODを買ったりしています。

VAPEは嗜好品なので、見た目が気に入ったMODで吸うVAPEは美味いっていう状況は全然あると思うんですよ。プラシーボでもいいじゃない。その瞬間その瞬間にテンション上がるような、気に入ったデバイスを持つことは大事だと思います。

ネガティブなところも紹介しなければいけないなと思って挙げておくと、下部がえぐられた非対称な作りをしているので、立てて置いた時に若干バランスが悪い(倒れやすい)感じはあります。

バッテリーを入れて重さが出るとやや改善はしますし、ガードしてくれるパーツもありますが、倒れる時はアトマイザー側からですので、運用時に十分注意は必要です。

そういったネガティブな部分を引き換えにしてもこの世界観に浸りたい、そんな方に使って欲しいスターターキットです。

このキット、GEARBESTでは56.69ドル~でプリセール中です。(色によって少しだけ値段が変わります)

MOD・アトマがセットになったキットの値段としては決して高くありませんので、普段の機能美溢れるシンプルなVAPEとはまた違った角度で楽しんで欲しい製品です。

プリセールでの購入はこちら!

Rofvape Witcher 75W Box Mod Kit(GEARBEST)

dscf6643

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 

提携クーポン

海外格安リキッドメーカーHiLIQのクーポンです。
期間の制限無く、全商品が10% OFFになります。
HiLIQ
 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - スターターキット