電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

リキッド「月見(Moon Light)」(Koi-Koi)レビュー

   

Rainy Draw(雨流れ)Misty Draw(霧流れ)で国内リキッドベンダーとしての地位を確かなものにしたMK Lab(旧名MK Vape)。

STEINS;GATEとのコラボレーションによる「LABMEM ENERGY-FUTURE GADGET 92-」が記憶に新しいですね。

多くのVaperに支持される肝は、リキッドの味を支えるのは、各国のVAPE EXPOなどを巡りながら自身の納得するリキッド作りを探求し続ける、MK Lab社長であり調香師の国吉さん(通称国さん)の熱意だと思います。

そんな国さんが自信を持って世に送り出したKoi-Koiの新リキッドが、今回ご紹介する月見(Moon Light)です。
dscf6420_r

これまでのKoi-KoiリキッドはMAX VGでドリッパー推奨の濃厚・爆煙が特徴の一つでしたが、今回のコンセプトは
「吊るし(買ったまま)のクリアロでも美味しい」
というコンセプトとのこと。

とは言っても期待のリキッドではあるのでいろんな環境で試したくなるのがレビュアーの性(さが)です。

というわけで、色々と試した結果を含めてご紹介したいと思います。

外観

こちらが月見のボトルです。
dscf6421_r

でかい。

海外のトレンドなどを意識して今回から60mlボトルを採用したようです。

個人的にはこの変化は超絶嬉しいです。美味しいリキッドは無くなるのも早いので。

もう一つ個人的なことを書かせていただけるなら、ぜひ霧流れ・雨流れも60ml版をリリースしていただけませんでしょうか。何卒・・・!何卒・・・!
※レビューの場で突然メーカーに要望を上げるクレイジーな行為はやめましょう

ラベルはKoi-Koi恒例のかわいい女の子のイラスト入りです。
dscf6478_r

和紙ラベルの質感も相まって、イラスト入りながらも品の良い雰囲気があって素敵ですね。褐色のキャラクターも、リキッドカラーと合っています。

味はコーヒー&チョコレート&バニラということで、なんとなくこれまでのMKのリキッド踏襲な雰囲気もあります。

【参考】これまでのMKのリキッドの流れ
・バニラドラゴニウム(バニラ+ドラゴンフルーツ、MK Vape)⇒雨流れ(MK Lab)
・ハニーデュー(バニラ+メロン、MK Vape)⇒霧流れ(MK Lab)

月見のフレーバーはコーヒー&チョコレート&バニラということですが、コーヒーでいくとコーヒー&チョコレート&ヘーゼルナッツのフレーバーで人気だったMK VapeのCAFE DE VAPEが思い浮かびます。

スポイト付きのガラスボトルで、粘度はこれまでのKoi-Koiよりも柔らかめで吸い上げが楽です。
dscf6476_r

ラベルを見てみるとVG72:PG28の割合。

dscf6477_r

比較的最近の国産リキッドのスタンダードな比率(VG7~8割が多い印象)ですが、1%刻みで細かく指定されたこの比率が、リキッドブレンドのこだわりと製造ラインの精度の高さをうかがわせます。

ではでは、実際に吸ってみたいと思います。

吸ってみた

吸ってみます。

シングルコイルRDA(Achilles II RDA)

まずはシングルコイルのAchilles II RDAで吸ってみました。カンタル26G 7巻0.8Ωのシングルコイル、VWです。

吸い始めはクセのようなものを感じます。ちょっとリキュールっぽい?

そこから、吸いながら甘みを感じ、吐きながらコーヒーの香りやビターなチョコの味わいが抜けていきます。

ミスト少な目のセッティングだと、ややリキュールっぽい独特の味に風味がマスクされているような雰囲気です。

爆煙系クリアロ(Atlantis EVO Tank)

では、ミスト多めならどうだろう?ということと、冒頭の国さんの「吊るしでも美味い」の確認を兼ねて、Aspire EVO 75W Kit(MOD:NX75-Z、アトマイザー:Atlantis EVO tank 0.4Ωコイル使用)で吸ってみました。

dscf6480_r

お、こっちの方が個人的には美味しいです。
吸い始めにはバニラの風味、ミストを吐いている最後の最後までチョコやコーヒーの味わいを感じます。

バニラの感じはこれまでのKoi-Koi2種(雨流れ、霧流れ)と比べるとかなりマイルドですね。
あちらがむせ返るような甘さを伴うバニラだったのに対して、こちらはあくまで風味付けという印象で、あくまで主役はコーヒーとチョコにあるように感じます。

でも、やっぱりこのアルコールチックな匂いは立ってるなー、この雰囲気苦手な人いるかもなー、などと思いつつ、タンクに入れて翌日改めて吸ってみました。

すると、タンクに入れて翌日の方が吸い始めのバニラ感、甘みなどをしっかり感じました。

このリキュールっぽい味の正体はエタノールとかそういう類の揮発性のものなのかもしれません。
ということで、このリキッドはステープ(寝かせる)で化けると思います。蓋を開けて不織布なりを被せて放置したら良さげ。

ここら辺の細かい話は過去記事をご参照くださいませ。
リキッドのステープ方法

今回は発売前にレビューをアップしたいので未ステープの状態ですが、ステープで印象が変わればその旨追記したいと思います。ステープ後なら先ほどのシングルコイルなドリッパーでももっと美味しく吸える気がしています。

あと、吸い終わりの後味がどことなくGVCを感じさせます。口に残るバニラの感じとビターなチョコの香ばしさがそう感じさせるのかもしれません。

味わいも甘さもしっかりしていますが、チョコの後味のお陰かチェーンが止まりません。美味い。

こういうビターチョコなリキッドは苦味が気になって後味が気になる場合もありますが、月見は苦味自体は控えめで「苦味」というより「香ばしさ」として感じるギリギリのライン。

これだけ吸いやすければ60mlでも吸いすぎて、すぐに残量が気になっちゃうレベルです。

実在の飲食物をモチーフにしたリキッドはよく再現性を語られますが、Koi-Koiにおいてはリキッドとしての味の良さを強く感じるので、あまり実際のコーヒーやチョコと結びつかなくても気になりません。

個人的な嗜好としては、雨流れのバニラ・ドラゴンフルーツのインパクトが強すぎて月見には強烈な印象は受けませんでしたが、それでもさすがMK Labと思わせてくれるだけの素晴らしいリキッドだと思います。

大ボトルなので、これまでのKoi-Koiより容量単価は落ちると思いますし、お得で美味しいリキッドを探していた人にはリキッド探しの旅のゴールになれるリキッドではないでしょうか。

発売は11月14日!

Koi-Koi 月見の発売は11月14日。2016年の中で最も月が地球に近づいて大きく見える、満月の日。スーパームーンの日です。
まさに月見日和な日柄ですね。

恐らく国内でも多数の店舗で取扱いがされると思いますが、売り切れ必至だと思いますので気になる方は過去の販売店などを要チェックです!

このサイトでも、取扱いショップが判明したら随時追記していきたいと思います。

ちなみに、SNS(Facebook/Instagram/Twitter)等でKoi-Koiの話題をする時は、ハッシュタグ#koikoiを付けてつぶやくと、国さんが喜ぶそうです。

ではでは、発売開始までお楽しみにー!

dscf6419_r

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 

提携クーポン

海外格安リキッドメーカーHiLIQのクーポンです。
期間の制限無く、全商品が10% OFFになります。
HiLIQ
 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - こいこい(Koi-Koi)