電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

テクニカルMOD「Elfin DNA75」(S-BODY)レビュー

   

以前にVT75 Nanoをレビューした際も、

「ちっちゃい!」「携帯性抜群!」

というようなことを言っていたわけですが、同じDNA75基盤を搭載しながら、それに輪をかけて小さいMODが登場しています。

それが、今回レビューするS-BODYの「Elfin DNA75」です。

dscf6503_r

商品の提供は、みんな大好き電タバ貴族のいるお店、Nexmokeさんです。
いつもありがとうございます!

S-BODYは深センのメーカーですが、DNA40の頃からEvolv基盤搭載MODをリリースしており、メーカーとEvolvの提携関係は長く、安心感は抜群です。

このMOD、とにかくちっちゃかわいいサイズ感が魅力です。
これはもう、物を見てみんなで一緒に驚いてもらうほか無いよね!ということで早速レビューに移りたいと思いまーす。

開封・外観

箱です。
dscf6500_r

開けまーす。
dscf6501_r

dscf6502_r

付属品は、
・Elfin DNA75
・USBケーブル
・取扱説明書
・ストラップ
・検品書

こんな感じです。

こちらがElfin DNA75です。
dscf6503_r

ラバー仕上げで、マットな質感が良いですね。

ちなみに、Elfinは名詞で「小妖精(エルフ)、小人、子供」という意味のようで、名前からも小ささにこだわったMODということがわかります。

写真で見てもなかなか大きさが伝わらないと思うので、手に取った写真がこちら。

dscf6504_r

ちっちゃ。

手のひらに完全に乗っちゃいました。すごいなんだこれ。

コンパクトさが売りのVT75 Nanoと並べてみたのがこちら。

dscf6505_r

dscf6506_r

Elfinの方が一回り小さいのがわかります。

いや、VT75 Nanoの時にもかなり驚いたんですよ。DNA75を搭載しながら、これだけコンパクトになるもんなんだ!と。
それがElfinは同じ基盤でこれだけ小さいとなると、何かとても大事なパーツが抜け落ちてるんじゃないかと不安になります。
が、そんなことは無くしっかりとDNA75の持つ機能を発揮できます。

では何が犠牲になっているかというと、このMOD、バッテリー内蔵型です。

内部には18650バッテリーが直接ワイヤーに接続されており、バッテリーアジャストの機構が不要な分、高さを抑えられたということのようです。

ちょっと昔の機種の話題になっちゃいますが、VaporSharkのrDNA40(バッテリー交換可能型)に対するDNA40(というバッテリー内蔵型のコンパクトMOD)がちょうどこういうコンセプトの製品でした。

バッテリー交換できないということで、バッテリーがヘタった時には買い替えか自己責任でのバッテリー交換という流れになるのかと思います。ここが最大のネックではありますが、そこさえ割り切れる人は、この極小MODの魅力を享受できる人です。

バッテリーの出し入れが無い分、シュリンク(被膜)が痛むということも無いので、あとは純粋にバッテリーの寿命をどの程度と置くかにはよりますが、一般的な使い方をしている人であればそんなにネックにはならないんじゃないかと思います。

さて、レビューに戻りましてスペックを見てみます。

スペック

・サイズ・71.0mm × 39.0mm × 23.0mm
・基盤:Evolv DNA75
・素材:亜鉛合金
・バッテリー容量:1800mAh(内蔵18650バッテリー)
・TC対応ワイヤー:Ni200/Ti1/SS316
・出力:1W ~ 75W
・温度管理範囲:200 ~ 600F、100 ~ 300℃
・充電完了時間目安:2.5時間
・アトマイザー接続:スプリング式510接続
・充電:USBコネクタ

カラーバリエーションは赤と黒で、Nexmokeでどちらも取扱いがあります。

細かい外観を見ていきます。
基盤はDNA75、バッテリーの換装も無いので、全体に見るところは多くありません。

上部は510のスプリング式コンタクトです。
dscf6507_r

コンタクト部分の金具がすこーーーし飛び出てます。
ラバー仕上げの場合、アトマイザーと擦れる部分から塗装が剥がれてくるのがお決まりなので、塗装剥げ回避のために意図的に出ているのじゃないかと思います。多分だけど。

ボトム側にはシリアルがプリントされています。
dscf6508_r

ディスプレイ側にボタンとUSBのコネクタが見えます。
dscf6511_r

ボタンは「コツ コツ」という感触で、クリック感はありつつもカチャカチャ言わずに静かに押し込めて、いいです。こういう感じ好き。

dscf6514_r

ファイアボタンの上にうっすら見える電源マークは、ファイア時や充電時に赤く点灯します。
dscf6515_r

背面を見てみると、上にベントホールが開いています。
dscf6516_r

どうやらこの穴、ストラップホールを兼ねているみたいで、付属のストラップを通して首からぶら下げるスタイルに対応しています。
dscf6522_r

dscf6523_r

この小ささならこのスタイルも十分アリです。ちょっとしたイベントの時にこれ下げてたらちょっとカジュアルな感じでVapingできそう。
ショップの店員さんとかがコレ下げてたら、うっかり欲しくなっちゃいそうですね。

しっかりした紐とカラビナがあれば腰から下げるような使い方もできそうです。
※落としたりしないように気をつけましょうね!紛失も事故も怖いので。

さて、外見は以上で、あとは使い方もDNA75の汎用チップの使い方なので特筆すべきこともあまりありませんので、アトマイザー乗せて使っていきたいと思います。

使ってみた

アトマイザーは、先ほどからチラチラ登場していますが、最近お気に入りのHadaly RDAを乗せています。

HadalyもNexmokeで取扱いがありましたが、一瞬で売り切れてました。再入荷に期待したいですね。

23mm幅のElfinに、背が低く22mmのHadalyがキッチリ収まっていてまとまりがいいです。
dscf6517_r

手の中に納まる感じもとてもスタイリッシュ。良い。

dscf6519_r

使用感も、クラプトンワイヤーでビルドしたHadalyを33Wぐらいで焚いていますが、私の使い方であれば1日十分持ちます。

普段使いのMODとして、この手軽さでDNA75の高機能を持ち出せる幸せは他に無い魅力ですね。

まとめ:小さいは正義!だけど機能は妥協はしない!というわがままさんに

Elfin DNA75は、
・DNA75 MOD最小クラスのコンパクトさ・携帯性
・18650バッテリーで安心のバッテリー容量
・高機能基盤DNA75で、カスタマイズ性も十分(※要PC)

という、小さいながらにVaperのわがままを全力で叶えてくれる、とってもできる子でした。

強いてネガティブなポイントを挙げると、冒頭でも挙げたバッテリー内蔵であるという点と、加えてVTC5(2600mAh)などVapeでよく使われる18650バッテリーに比べて、使われているバッテリーの容量がやや物足りない(1800mAh)という点でしょうか。

しかし、別途バッテリーを用意する必要もありませんので、中級/上級者以上の方の気軽に使えるサブ機としてはもちろん、今使っているスターターから性能の良いDNA75基盤のMODを使いたいという脱初心者を狙う方にもオススメしやすいMODです。

このMODは、今既にDNA75のMODを使っている人こそ驚くほどのコンパクトさなので、ぜひ手に取って私の感じた驚きを体感して欲しいと思います。

購入はこちら!
 
 
S-BODY Elfin DNA75(Nexmoke)
 
 
dscf6524_r

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 

提携クーポン

海外格安リキッドメーカーHiLIQのクーポンです。
期間の制限無く、全商品が10% OFFになります。
HiLIQ
 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - テクニカルMOD