電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

テクニカルMOD「iPV D2 75W Temp Control Mod」(Pioneer4you)レビュー

      2017/03/20

さてさて、温度管理機能はDNA40から隆盛が始まり、中華系のチップでも実装が進み、iStick TC40Wなど廉価なMODでも搭載されるようになってきました。

今回紹介する「iPV D2 75W Temp Control Mod」も中国企業が販売しているBOX MODですが、iPVシリーズはその確かな作りで根強いファンのいるMODでもあります。

2015_1015_21113900_R

今回も商品提供はVAPE COLLECTIONさんです。
張り切ってレビューしたいと思います!

iPV D2って?

iPV D2は、中国メーカーPioneer4you(企業名はIPV Technology)がリリースした温度管理機能搭載のBOX MODです。

搭載しているのはSX130Hという基盤で、同じく中国のメーカーであるYihi Electronicが製造しています。

SXシリーズの制御基盤は、ハイエンドMODにも搭載されているSX350Jなどで実績があり、信頼性は申し分ありません。

スペック

マニュアル付属のスペックシートから。

・出力(電力): 7W - 75W
・出力(電圧 Powerモード): 3.6V - 7V
・出力(Joule): 10J - 50J
・出力(電圧 Jouleモード): 3.6V - 7V
・出力(電流): 1.0A - 25.0A
・入力(電流): 1.0A - 30.0A
・入力(電圧): 3.2V - 4.5V
・抵抗値(標準): 0.2ohm - 3.0 ohm
・抵抗値(Jouleモード): 0.05 - 0.3ohm
・温度範囲(摂氏): 100℃ - 300℃
・温度範囲(華氏: 212゚F - 572゚F
・基盤: YIHI SX130H

こんな感じです。
華氏が572゚Fまでってことは、基盤としてのベースは摂氏なんでしょうね。
(摂氏300℃=華氏572゚F)

主な特徴

iPV D2の主な特徴は、18650シングルバッテリーながら最大75Wの高出力Ni/Tiワイヤー両対応の温度管理機能の2つです。

DNA40でもチタンワイヤーを使用することは可能ですが、温度を低く読み替えたり、0.3Ωを超えると温度管理できないなど制約を伴います。

また、Ni200とTiは温度に伴う抵抗値の変化が同じではありませんので、必ずしも最適な出力管理がされるわけではありません。

iPV D2ではNiワイヤーとTiワイヤーを選択することができるので、使用するワイヤーに合わせた最適な出力制御を実現するとともに、表示内容を読み替える必要もなくノンストレスでそれぞれの素材を使用可能です。

今回、レビューにあたってNi200ワイヤーを使った温度管理のテストをやってみましたが、この子、引くほど優秀です。

小さい、バッテリー交換可能で安心して使える温度管理MODが気になる方は、ぜひぜひ最後まで読み進めて頂ければと思います。

開封・外観

開けます。
2015_1015_21082900_R

2015_1015_21090400_R

同梱物は、
・MOD本体
・シリコンスリーブ
・DC5Vケーブル(USBアダプタは無し)
・説明書
・検品票
です。
2015_1015_21163400_R

シリコンスリーブが標準で同梱されているのは嬉しいですね。やっぱり、長く使うなら傷や汚れが防げるのはありがたいです。
マットな質感でサラサラとした手触り。悪くないです。
2015_1015_21310200_R

上から見ていきます。

アトマイザーとのコネクタは、スプリング式になっているので510接続のアトマイザーであれば使用可能です。
2015_1015_21123200_R

バッテリーの蓋はスライド式になっています。
2015_1015_21133900_R

2015_1015_21141900_R
マグネットはありませんが、カチッとはまるので使っているうちに脱落するようなことはありません。

下からスライド面倒だなーと思いましたが、結構途中から挿し込んでも普通に閉められます。
2015_1015_21191800_R

バッテリーを引き出せるよう、布のリボンが敷いてあります。
2015_1015_21184000_R

ディスプレイの表示も見やすく、野外でも十分に視認できる明るさです。
2015_1015_21132200_R

2015_1015_21215800_R

2015_1015_21221600_R

他MODとの比較

他のMODと比較してみます。

こちらが、サイズ一覧表です。

VaporSharkのrDNA40(通称 鮫)よりはやや小さく、KBOX Miniとほぼ同等のサイズ感です。

製品名メーカー高さ奥行
Cloupor miniCloupor77.53622
KBOX Mini
(SUBOX)
Kangertech823922
rDNA40VaporShark82.542.424.1
DNA40VaporShark743822
SBODY MacroVaporShark75.234.822.1
iPV D2Pioneer4You784023
iStick 10WeLeaf5232.521
iStick 30WeLeaf7732.523
iStick TC 40WeLeaf77.336.222.3
iStick 50WeLeaf83.045.023.0
Cool Fire IVINNOKIN86.143.224.9
HB40Hcigar95.449.523
Esquare DNA40LOST VAPE725725
V4 MiniHANA67.233.624
KSD Vamo Box 25WKangside564224

伝わりやすいよう、現物の比較もやってみます。比較対象は、KBOX Mini(SUBOX Mini)、iStick TC40Wです。
2015_1015_21254300_R

2015_1015_21261100_R

2015_1015_21264900_R

幅・奥行きはやや大きくなりますが、小さめのBOX MODとしては及第点のサイズでしょう。

緩やかにカーブがかかっており、手に持ってもしっくりと馴染む大きさです。
2015_1015_21121500_R

操作方法

Ni/Ti両対応で、ボタンは標準的な3つ構成ということもあり操作に若干クセがあります。

メニュー説明

・SYSTEM OFF
 スタンバイモードへ移行します

・Power Mode / Joule Mode切替
 Powerモード(VW)/Jouleモード(温度管理)の切替をします

・EXIT ON
 メニューモードを抜けます(電源ON状態のまま)

<以下、Joule Mode時のみ出現>
・UNIT F / UNIT C
 華氏/摂氏を切り替えます

・Temp 450F
 温度を設定します

・COIL Ni200 / COIL Ti01
 コイル素材をNi200かTi01のどちらか選択します

操作方法

・電源ON
 スタンバイ状態でパワーボタン5クリック

・電源OFF(スタンバイ)
 電源ON状態でパワーボタンを5クリックし、SYSTEM OFFを表示させた状態で+ボタン or -ボタン

・ロック/アンロック
 パワーボタンと+ボタンを長押し

・出力上下
 電源ON状態で+ボタン/-ボタンで出力(JouleモードではJ)を上げ下げ

・抵抗値再計測(Jouleモード)
 電源ON状態で+ボタンと-ボタンを同時押し

慣れてしまえば、メニューを呼び出しての操作自体は難なく行えると思います。

なお、iPV D2のJouleモードはアトマイザーの抵抗値を記憶しているため、+&-同時押しによる抵抗値の再計測はアトマイザーを載せ替えるたびに必ず行いましょう

もし、焼き入れをした後であれば室温まで落ち着くのを待って、再計測しましょう。(室温での抵抗値を温度管理の基準にさせるため)

エラー表示

なぜかエラーの説明がマニュアルに無かったので、見たことあるやつを説明。

・「CHECK BATTERY」
 バッテリー残量が少なくなっている時に表示

・「NO LIQUID!」
 Jouleモードでリキッドが無いと思われる(空焚き)時に表示

・「CHECK ATOMIZER」
 アトマイザーが付いていない時に表示

他にもありそうだけど、見た限りということで・・・。

使ってみた(VWモード)

まずは、手軽にVWモードを使ってみることにしました。

先日のレビューでもアップした、TFV4(SMOK)アトマイザーで使ってみます。
2015_1015_21551200 (1)_R

このMODの最大出力である75Wで焚いてみましたが、ファイヤボタンを押してからの立ち上がりも良好。

モンスターアトマイザーの底力を十分に引き出すパワフルさを見せました。

が、さすがに18650バッテリーシングルではスタミナが足りません。
午前中の運用で、「CHECK BATTERY」エラーで通電しなくなってしまいました。

18650一本では、安全に使える電圧の時間がごくごく短くなってしまうようです。

大出力での運用を前提にしている方は、複数本バッテリーの持ち歩き、もしくはDC5Vコネクタでのこまめな充電をオススメします。

普通の抵抗値(1.0Ω)で普通の出力(15W前後)での運用では、十分一日使用が可能でした。

少し慣れが必要なのは、電源OFFの操作です。

私は5クリックをいちいち数えるのが面倒なので、適当に「ガチガチガチガチガチガチ」ってパワーボタンクリックしてOFF操作をすることがよくあります。

iPV D2では、

5クリック操作⇒メニューでSYSTEM OFFを表示させて上下ボタンを押下

という流れになるので、適当にクリックしたら別メニューになってしまい、もう一度SYSTEM OFF表示になるまでパワーボタンを押す必要があります。

慣れたら何ということはありませんが、私のような無精者にはちょっとマイナスポイントです。
3クリックでメニュー、とかだったら良かったなぁと少しだけ思います。

あと、シリコンスリーブが付いていますが、これがあるとバッテリーの換装ができないので、いちいち外すかDC5Vコネクタで充電するしかありません。

これも、日常運用ではマイナスです。せめてMicro USB充電なら良かったんだけどね。

というわけで私は裸運用になっていますが、その他は至って快適です。ボタンのクリック感も良いし、とても良いMODです。

温度管理モードをテストしてみた

さてさて、このMODの目玉機能、温度管理モードをテストしてみました。

テストは、Ni200でビルドしたNectar Micro-Mを使用します。

AWG32、3mm径のコイルで8巻して0.18Ωです。

・ドライ状態でのテスト
14454102107060
ドライ状態で通電させてみたところ、一瞬煙が立ち上りましたが、「No Liquid!」のエラーが出てそれ以上は通電しませんでした。

引き抜いたコットンにも、うっすらの焦げ・着色すら見当たりません。

コットンを焦がさない一瞬の通電で、ドライ状態を見抜いたということになります。

超優秀!

・ウェット状態でのテスト
次に、リキッドをドリップして通電させてみます。手ぶれごめん・・・。
14454102107391
やっていて気付いたことですが、息を吹きかけつつ通電させましたのですが、煙量が保たれています

温度管理MODでは、抵抗値監視の頻度にもよると思いますが通電させていると煙量が落ちるような印象を受けることがままあります。
(DNA40でも、iStick TC40Wでも感じました)

私はこれがストレスだったのですが、iPV D2ではこの事象が起きません。

こまめに抵抗値を監視し、
温度の過剰な上昇を防ぎつつ
ミストが減衰するような過度な出力制御も行っていない
ということになります。

何これ。優秀すぎでしょ。

そして、通電を続けてコットンがカラカラになったら、「No Liquid!」で通電ストップです。何なの君。見てるの?

miteru-

※取り乱しました。

これなら、安心して吸えることはもちろんのことウィックをカラカラにして別のリキッドを入れるというナマグサ運用にも耐えられると思います。

Ni200は柔らかいのでコットン替えるのも手間です。コットン替えずにウィックカラカラまで使えるなら、これはすごくありがたいです。

正直、期待以上の動きをしていると感じました。

そして、コットンの状態はこちら。
14454102107702trim

やや下側が焦げていますが、これは私が急いてしまって、コットンが浸み渡る前にファイアしてしまったためです。(ドライな裏側のコットンが焦げた)
上部は綺麗なままというのが見て取れると思います。

NO LIQUIDエラーで通電止まるまでガシガシやりましたが、この程度です。

iPV D2、温度管理の性能としては十分と言えるでしょう。

黒SUBTANK Miniとのフィッティングもバッチリだったので、SUBOX Miniからのステップアップなんかにもうってつけだと思います。
2015_1015_21332800_R

まとめ

さて、なんだかんだと書いているうちに長くなってしまいましたが、iPV D2は高い出力とNi/Tiにも対応する優秀な温度管理機能を引っ提げ、これからのVAPEライフを支えるに十分なMODだと思います。

ハイエンドのような芸術性・高級感こそありませんが、充実した機能を備えたスマートさがあります。

・ペンタイプからのMODデビューに
・SUBOX MiniのようなVW BOX MODからのステップアップに
・iStick TC40Wのような温度管理エントリーモデルから次の1台に
・中上級者がこき使える安心感のある1台として

あらゆるニーズに応えられるMODです。

「んー、温度管理って信用ならないんだよねー」
という石橋を叩いて渡りたい心配性な方や、
「使ってみたけどなんだか頼りなくて・・・」
そう思うかつての私のような方にも、ぜひ使ってその優秀さを体感して欲しいです。

購入はこちら。
温度管理&高出力!【Pioneer4You iPV D2 75W 】ボックス型MOD(VAPE COLLECTION)

2015_1015_21232900_R

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。
 
GEARBEST
中国の大手ガジェット販売サイト、GEARBESTでは現在3周年の記念セールを実施中です。
通常でも格安ですが、商品によってはかなり大きな割引になっているようなので、気になる製品がある人はこのタイミングでチェックしてみてください。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Giftsで購入の際、クーポン入力欄にAVB15を入力いただくと15%OFFになります。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - テクニカルMOD