電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

テクニカルMOD「VT75 NANO Box Mod」(Hcigar)レビュー

   

DNA75のMODは先日もHCigarのVT75をレビューしています。

VT75は二種類のバッテリーが使える汎用性の高いMODでしたが、これを18650のみ対応とした上でサイズを一回り小さくしたのが、今回レビューするVT75 NANO Box Modです。

dscf6038_r

26650のバッテリー容量も魅力でしたが、携帯性を重視するユーザーにはこのコンパクトなDNA75機は抜群にフィットすると思います。

というか、私はこれめちゃくちゃ気に入りまして、今一番ヘビーユースしています。

提供は中国のガジェット総合通販サイト、GEARBESTさんです。

コンパクトかつ使い勝手に優れ、DNA75搭載の高機能MODですが、実際に手に取りながらどこに魅力が潜んでいるのか、じっくり見ていきましょう。

開封・外観

箱です。
dscf6034_r

開けまーす。
dscf6035_r

dscf6036_r

dscf6037_r

内容物はMOD、USBケーブル、説明書ぐらいでシンプルです。
また、サイズが小さくなったのであの素敵なビューティーリングが付属しません。

まず手に取った瞬間にそのサイズ感とグリップしやすさに思わずニヤりとします。
dscf6040_r

DNA40からDNA75になる過程でどうしてもサイズが犠牲になっていく傾向はありますが、26650バッテリーのVT75の後だからか、このサイズにEScribe(MODとPCを接続して細かな設定ができるソフトウェア)対応の高機能基盤が納まっているというのが本当にテンション上がります。

スペック

スペックを見てみます。

・基盤:DNA75
・温度管理対応ワイヤー:Ni / Ti / SS
・出力:1W ~ 75W
・温度管理範囲:100 ~ 300℃ / 200 ~ 600F
・素材:亜鉛合金
・バッテリー:18650バッテリー(25A以上)
・接続:スプリング式510
・Micro USBポートで充電・PC接続可脳

基本的にここはDNA75の性能ですね。

ワイヤーは3種類となっていますが、EScribeでTCR等を設定することでNiFeなどの他線材にも対応可能です。(私はNiFeワイヤー持っていないのでまだ挑戦していません。)

細部を見ていきます。

表裏を見てみますが、VT75のような丸いフォルムからかなりスタイリッシュになったものの、グリップしやすいエルゴノミクスデザインは健在です。
dscf6041_r

dscf6042_r

接点はスプリング式の510接続です。
dscf6047_r

これ、ポジティブ端子だけがピコピコ動く感じではなく、接点部分のプレートごと面で動いてるようです。端子の強度向上かリキッドの進入防止でしょうか。

ボトム側はバッテリーカバーがありますが、この構造がなかなかいいです。
dscf6044_r

このバネで畳まれている金属の爪を起こしてつまみ、カバーを回してバッテリーを出し入れします。
dscf6046_r

ややここのメッキの質感が悪い印象はありますが、普段見えるところでもありませんし、コインを使わずにしっかりとつまんで回せるのがいいですね。

ベントホールもこのつまみの部分の裏にあります。

バッテリーは上がポジティブ、下がネガティブです。
dscf6048_r

パネル側にはボタン、ディスプレイ、UP/DOWNボタンが見えます。
dscf6052_r

UP/DOWNボタンが一体化しています。
dscf6051_r

一瞬、セパレートの方が押しやすいんじゃないかな?と思いましたが、よくよく考えるとDNA75にはUP/DOWNを同時押しする操作(動作モード変更、設定温度変更など)があるので、ボタンが一体化していることで片手でも操作が簡単になりました。

細かいところですが、きちんと基盤の特性に合わせてハードが設計してあることがわかりますね。

ボタンの下にはファイア時に点灯するLEDが付いています。
dscf6050_r

dscf6107_r

初期設定ではピンクっぽい紫です。写真だと青っぽく見えてしまいますね・・・。
LEDの点灯色はEScribeから色の変更が可能です。

画面表示も大きく十分に見やすいです。
dscf6049_r

サイズの比較用に、eVic VTwo Miniと並べてみました。
dscf6061_r

dscf6062_r

最大の幅を見比べると大して差があるわけではありません。むしろ横幅はVTwo Mini(22mm)より大きいはずなのですが、VT75 NANOは角が取れていたり中央にくびれがあるお陰か握った感じのグリップ感が良く、スペックより小さく感じます。

使ってみた

使い勝手はDNA75の特性に依存しているので、ここではアトマイザーとのフィッティングを見ていきたいと思います。

まずはAchilles IIを乗せてみました。
dscf6057_r

コンパクトなので、Achilles IIが大きく見えてしまいますね。

使った感じ(ミストの立ち上がり等)は他のDNA75 MODと当然ながら遜色ありません。
5クリックON時にHcigar VT75のロゴが出る待ち時間があまり好きでないのですが、あまりにも気になる場合はEScribeで表示しなくしてしまうのもアリだと思います。

続いて、背の低い24mmのVerv RDAを乗せてみると、
dscf6056_r

おおおおお。24mmだとほぼジャストフィットです。

手に持った時の納まりも良く、私はこの組み合わせで愛用しています。
dscf6060_r

ちなみに同じく24mmのTsunami 24 RDAも乗せてみました。
dscf6058_r

こちらも24mmでのフィット感はもちろん、黒でまとまった統一感が良いですね。

ただ、18650シングルバッテリーということを考えると、あまり高出力でミストをガンガン炊くようなMODよりは、ほどほどの抵抗値でゆっくりと吸うような使い方の方が本領は発揮できるように思います。

しかし、このサイズ感に細部の作り込み(ボタン、バッテリーキャップ等)など非常によくできています。

大人気のiStick Picoあたりは24mmアトマが乗らないという弱点があったりもしますので、コンパクトさと引き換えに何かを失うケースはあるわけですが、VT75はコンパクトにまとめつつもアトマを選ばない使い勝手はかなり評価できると思います。

メッキが多いのでそこにチープさを感じるところもありますが、金属の質感も悪くなく普段使いとしては十分すぎる製品だなと感じました。

まとめ:高機能・コンパクトを求めるVaperの第一選択肢

最近リリースされているテクニカルMODでは、温度管理機能はもはや標準と呼べるほどに普及しており、その機能も日々進化していますが、その始祖とも呼べるEvolvが生み出した基盤はやはり信頼性で一日の長があると思います。

ただ、私の場合は調整にPCを必要とするDNA75は最適ではなく、MOD単体でTCR調整できるeVic VTwoの方が使い勝手が良いと感じる場面もあります。

最近では50ドル(≒5,000円)前後の安くて高機能なMODが多い中で、販売価格の安いGEARBESTであっても通常価格は99ドルと決して安い製品ではありません。

しかし、DNA40登場時のMODの値段などを思い返してみると、これだけ高機能なMODがこの金額で、というのはすごく幸せなことだなと感じます。当時と比べると円高の恩恵もありますし。

PCにソフトをインストールしての作業となるので完全に初心者が使いこなすのはややハードルが高いですが、コンパクトかつ細かな設定を望むこだわり派のユーザーには非常にオススメできるMODです。

というか、これより機能・コストのバランスの良いMODが思いつかない。現時点でのマスプロのゴールに限りなく近い製品ではないでしょうか。

ちなみに、10月3日現在、GEARBESTではこのVT75 NANOのプロモーションを行っており、今なら63.09ドルで購入が可能です。

期間も短いですが、DNA75のMODが一つは欲しい!と思っていた方はこの機会にいかがでしょうか。

購入はこちら!

Hcigar VT75 NANO Box Mod(GEARBEST)

dscf6039_r

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - テクニカルMOD