電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER

電子タバコ・VAPEのレビューブログです。初心者おすすめのスターターキットから、上級者向けハイエンドMODやアトマイザー、リキッド、流行のiQOSやPloomTECHなども解説しています。

次世代タバコ「PloomTECH(プルーム・テック)」(JT)を使ってみた(電子タバコユーザーのレビュー)

      2016/07/07

さてさて、VAPEを中心に扱っている身としてはイロモノの類になると思いますが、JT(日本たばこ)が満を持して送り込んできた、PloomTECH(プルーム・テック)をゲットしました。
DSCF3935_R

iQOSが有名なため、相対的に知名度では劣りますが、VAPEとの親和性はこちらの方が高いように思います。

今はなかなか買えませんが、せっかく入手したのでこのサイトでも考察や私の感想を取り上げてみたいと思います。

最初に

まず記事の最初に2つメッセージをば。

未成年者は買えないよ

今回紹介するのは、法律で規定の無いグレーゾーンのVAPEではなく、純然たるたばこ製品です。
未成年者は買えません。普通に捕まります。そっと閉じて下さい。

この記事で始めて当サイトにいらっしゃった喫煙者の皆様

タバコは最近の健康志向(特に副流煙による被害観点)から肩身の狭い思いをしている方が多いと思います。

そういった人たちへの救世主として、副流煙の少ないiQOSやPloomTECHが人気を集めているのだと思います。

このサイトでは、広義の電子タバコの中でも、リキッドを加熱してそのミストを吸う嗜好品、VAPEというガジェットを中心に紹介しています。

簡単な紹介記事を書いたので、ご興味があればぜひこちらの記事を見てみて下さい。

PloomTECH・iQOSでこのサイトに来た喫煙者の方へ~VAPEという選択肢~

という前置きを挟んで、PloomTECHの紹介に戻りたいと思います。

ちなみに、店舗販売では福岡市の一部地域、あとはJT特設サイトでの購入でしか手に入れることができませんが、供給が追い付かないため、現在は販売停止が続いています。

私は福岡市中を隈なく探している時に、色々と経緯あって貴重な1台を手に入れることができました。
これから手に入れたい方は、商品の再販を待つしか無いかと思いますが、その時に購入の参考になるように、ということでレビューを書いてみたいと思います。

開封・外観

こちらが、バッテリーとケースが入ったスターターセットです。
DSCF3935_R

お弁当箱方式で二段になっていて、バッテリー・充電器一式の入った箱と、収納ケースの入った箱の2つに分かれています。
DSCF3936_R

まずは、バッテリーの方から。
DSCF3937_R

箱には、バッテリーとUSB充電器、開けた底にUSBコンセントが入っています。
DSCF3938_R

バッテリーは、808規格と言われていた昔のVAPEを彷彿とさせます。

ここが接点です。
DSCF3959_R

充電の際は、ここを充電器に捻じ込み、付属のUSBアダプターに挿し込んで充電します。
DSCF3939_R

充電中はPloomTECHのロゴが赤く光り、
DSCF3952_R

充電が完了したら白く光ります。
DSCF3955_R

こういうとこいいですね。ちょっと手が込んでて。

バッテリー容量が小さいためか、充電にかかった時間はかなり短かったです。
オフィス用にもう一組置いておいて、使わない間にちょこちょこ充電すればふとした時のバッテリー切れは防げそうな気がします。

先の部分は、青く光るライトが組み込まれています。
DSCF3962_R
光る画像は記事の最後の方にアップしています。

続いて、セットに含まれている収納ケースを見てみます。
DSCF3940_R

シリコンのような表面加工のされたプラケースです。

上の部分はご丁寧にシールで保護されています。
DSCF3941_R

ヒンジの部分も樹脂素材なので、使っているうちに劣化でここが千切れないか少し心配です。
DSCF3943_R

ケースには、カートリッジを装着した状態のPloomTECHと、たばこカプセル1セット(5個)を収納することができます。
DSCF3954_R

持ち運びの時に口元の部分にホコリが付いたりするのを防げるので便利ですが、長身のPloomTECHを格納できるだけあってなかなかサイズがあります。

次は、別売のたばこカプセルとカートリッジを見てみます。
DSCF3944_R

たばこの箱を薄くしたようなパッケージに、たばこカプセルとカートリッジが入っています。
DSCF3948_R

DSCF3949_R

VAPEで言うアトマイザーに該当する部分ですね。

たばこカプセルには刻まれたたばこ葉、カートリッジの部分は、VG(植物性グリセリン)とPG(プロピレングリコール)を染み込ませたスポンジのようなものが入っていると推測されます。

要は、無味のミストを、香り付きのたばこ葉カプセルを通してニコチンとフレーバーを摂取できるという発想みたいです。

カートリッジの上下にはシリコン製のカバーが付いています。
DSCF3958_R

カバーを外した状態がこちら。
DSCF3967_R

接点部分を見ると、ほんとにVAPEのアトマイザーの接点みたいな見栄えです。構造が気になります。ヒートユニットどうなってるのかなーーーー。
DSCF3960_R
エアホールも極小です。

後日バラしてみようと思います。自前で充填できたら便利だからね。(きっと非推奨だろうけど)

接点側の穴も小さいですし、組んだ後のこのわずかな穴から空気を取り込むと思うと、まさにタバコ同等のタイトドローでの口吸いを意識した作りだとわかります。
↓隙間見えますかね?ここがエアホールです。
DSCF3961_R

最後に紹介するのが、たばこカプセル。
DSCF3963_R

これをカートリッジに挿し込んで使います。

中には刻まれたたばこ葉が詰め込んであり、それを通したミストにたばこや香料のフレーバーとニコチンを乗せて摂取するという感じです。

上にはフィルターがあります。これも手伝って、ドローはとても重いです。まさにタバコという感じ。
DSCF3964_R

組んでみた

さてさて、いざセットして使ってみたいと思います。
DSCF3956_R

なかなか長いですね。

手に持った感じはエンピツぐらいで、喫煙所でも過度に目立つことは防げそうです。
DSCF3965_R

Vaperの方にサイズ感がわかるよう、ペンタイプのVAPE(eGo AIO、STICK ONE BASIC)と並べてみました。
DSCF3957_R

長さはそこそこありますが、圧倒的に細いですね。

バッテリーにスイッチは無く、吸うことでコンデンサーを反応させて通電させるタイプのようです。

VAPEでも、eRoll(Joyetech)という製品が同じように吸って通電させるタイプ(オートタイプ)があります。構造的にも似たようなものじゃないかと思います。

重量も軽く、長いですが咥えタバコも可能です。

そんじゃ吸ってみましょうか!

吸ってみた

吸ってみます。

これ、吸うと青く光るんですよ。っていうのを見せるためにベランダで自撮りしました。ご確認下さい。
ploomtech

一応、味は3種類全て購入はしてみたので、個別の味については別途記事にしようと思います。
味の詳細はそちらを見て頂くとして、ここでは総合評価的な感じで書いていこうと思います。

意外なことにコレは結構アリだなと思いました。

ちょっと長いのでパート区切りながら講評します。

ミスト

まず、ミストはすんごく少ないです。
PG70ぐらいのリキッドを吸ってる時のような、ちょっと出てスッと消えるようなミストです。

タバコで慣れている人は全く違和感なく感じるぐらいは出ますが、VAPEでモクモクと出るミストに慣れている人は物足りないかもしれません。

ただ、スッと消えてくれるお蔭で室内で吸っても部屋も白くならず、ちょっと吸いたい時なんかにはPloomTECHで紛らわすのも良さそうです。

味の方は、たばこ葉の香りがきちんと分かるので、下手なたばこフレーバーのリキッドなんかよりも再現度(という言い方も変なのですが)は高いです。

ただ、クーラーパープル(ブルーベリー味)のような味付きカプセルになると、たばこ葉の独特な味がフレーバーの味を邪魔します。

VAPEのクリアなフルーツ味リキッドを経験していると、このたばこのシケモクのような味が裏に感じるのがやや不快に思えるかもしれません。

私はレギュラーだけでいいかなと思いました。

キック(スロートヒット)

タバコやニコチン入りリキッドを吸った時のようなキック(スロートヒット)もあり、ドローが重い割にグッと来るので、体感としては4~6mg/mlのニコリキのような感覚です。
※もちろんキックの感じ方は個人差あるので私の感覚での目安ね。

たばこカプセルは、50パフすると交換時で、機械的にセットされたバッテリー側のカウンター(12回点滅)が交換時を知らせてくれます。

50回吸った時点でも、カートリッジのPG/VGは残っているのでミストも出るし、味も普通に出るので交換するのがもったいなく感じます。でも、交換しないとたばこカートリッジだけ余っちゃうっていう。

これ、PloomTECHのサイトでも注意喚起がされていたりとPloomTECHユーザーが陥りがちの状況のようです。

零識さんのブログで、カートリッジだけをVAPEにつなげて使うというなかなかファンキーな用法も紹介されています。要はミストの供給さえされればいいわけなんで、無味グリをたばこカプセル通してニコリキのように使うというのもなかなか面白いですね。
Ploom TECHの正しくない使い方(初心者VAPERの覚書き)

カートリッジ余っちゃったVaperさんはこういう使い方でニコチン摂取にご利用されるのもよろしいのでは無いでしょうか。

総評:これから買いやすくなれば一つの選択肢になるかも

VAPEでニコチンを摂取しようと思うと、海外からニコチン入りリキッドやニコチンベースを入手する必要があるなど、ハードルの高さは否めません。

何といってもPloomTECHは天下のJTが売っている物なので、コンビニなんかで気軽に買えるようになれば十分ニコチンツールの一つとして使えるものではあると思います。

一方で、たばこ葉を使わなければならないというJTならではのしがらみの結果、純粋にフレーバーを味わうツールとしてはVAPEには及ばないという印象です。

既にVAPEでニコチン入りリキッドを吸っている人がわざわざ買う必要性は感じないですし、ノンニコリキッドを楽しんでいる人にとっては必要の無いアイテムです。

ただ、PloomTECHを入り口として、VAPEの世界に興味を感じる人も出てくるのではないかなと感じました。

新規VAPEユーザーの間口を広げる一つの製品として迎え入れた上で、既存VAPEユーザーにとってもTPOに合わせて使う一つの選択肢としてみるのもいいかなと思いました。

何より、喫煙所なんかでPloomTECHみたいなちょっと変な物を吸っているユーザーが増えれば、VAPEのようなさらに変な物を吸っている私も肩身狭い思いしなくてもよくなるかもしれません。

そういう意味で、東京含めていろんなところで買えるようになればいいなと思いました。

VAPEショップなんかで買えたらニコチン欲しいユーザーには朗報なんだろうけど、JTの販売店になるの大変だろうしね。共存共栄の道は遠そうだなぁ・・・。
 
 
購入はこちら。
PloomTECH特設サイト
※4/17現在は販売停止中です。
 商品閲覧・購入には本人確認書類を使った会員登録が必要です。
 
 
スーツ姿の時のスタイリッシュな感じは結構好きかもです。

 
 
↓よろしければポチっとお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村  
 

スポンサーリンク

 

VAPE SHOP

VAPE COLLECTION
Aspire、SMOK、KangerTechなどの人気商品を取り扱い。
KAMIKAZEやBI-SOなどの人気の国産リキッドがメール便で送料無料で!
 
 
VAPE-POWER
スターターやMOD・アトマイザーなど、国内最大手卸売ショップだからできる豊富な品揃え。
 
 
ベプログ
リキッドやスターターの購入時に参考になるクチコミ情報が多数掲載されています。

提携クーポン

 
電子タバコ専門販売サイト、Heaven Gifts10%OFFクーポンです。 セールなどのクーポンと併用可能な場合もありますので、お買い物の際にぜひご利用下さい。

 - 次世代タバコ